関 幸彦のプロフィール

1952年生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻後期博士課程満期退学。現在、日本大学文理学部教授。主な著書に『武士の誕生』『「国史」の誕生』、『承久の乱と後鳥羽院』『その後の東国武士団』『東北の争乱と奥州合戦』、『「鎌倉」とはなにか』『恋する武士闘う貴族』『百人一首の歴史学』、『北条政子』、『武士の原像』ほか。

関 幸彦の人気記事

怨霊になった道真はいかに神として復活したのか?
関 幸彦2020.1.24

最新記事