金 完燮のプロフィール

金 完燮(キム・ワンソプ)

作家、評論家。1963年、全羅南道光州生まれ。サレジオ高校卒業。高校時代の80年に起きた光州民主化運動では市民軍に参加して全羅道庁に籠城、のちに「国家偉功者」として顕彰される。82年、ソウル大学物理学部入学、天文学を専攻する一方、歴史、政治、経済にも関心を持つ。雑誌記者を経て、95年に発表した『娼婦論』がベストセラーに。96年よりおよそ2年間、オーストラリアに居住。帰国後、『コスタク新聞』を創刊し、編集主幹を務める。2002年に発表した『親日派のための弁明』が韓国で発禁となり、日本で出版されて大ベストセラーになる。

金 完燮の人気記事

最新記事