手嶋 龍一のプロフィール

外交ジャーナリスト・作家。
NHKのワシントン支局長として9・11同時多発テロでは11日間連続放送を担う。NHKから独立後に発表した日本初のインテリジェンス小説『ウルトラ・ダラー』と姉妹編『スギハラ・サバイバル』(新潮文庫)はベストセラーに。『たそがれゆく日米同盟―ニッポンFSXを撃て』『外交敗戦―130億ドルは砂漠に消えた』もロングセラーとして読み継がれている。近著に『汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師』(マガジンハウス)、『独裁の宴』、『米中衝突』、『日韓激突ー「トランプ・ドミノ」が誘発する世界危機』(中公新書ラクレ・佐藤優氏との共著)がある。慶應義塾大学教授としてインテリジェンス戦略論を担当し、現在は東京理科大学大学院の上席特別教授。

手嶋 龍一の人気記事

中東危機、陰の主役はイスラエル
手嶋 龍一2020.1.9

最新記事