21歳州兵の米機密文書漏洩、背景には「米国民112人に1人が機密保持許可」

漏洩文書の中にはロシアとスーダンのかかわりを示すものも
2023.5.4(木) 新潮社フォーサイト follow フォロー help フォロー中
アメリカ安全保障
シェア12
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
機密文書を漏洩拡散させた、空軍州兵のジャック・テシェイラ容疑者(提供:Air National Guard/ZUMA Press/アフロ)
本コラムは新潮社の会員制国際情報サイト「新潮社フォーサイト」の提供記事です。フォーサイトの会員登録はこちら

国際の写真

イランのミサイル迎撃に初めて実戦使用されたSM-3、日本の防空能力も証明
《台湾有事への備え》「たぶんトランプ」の米国と石油・ガス輸入の長期契約を結べ
【報復の連鎖で原油高騰か】イスラエルはイランに報復、イランはイスラエル防衛に加担した湾岸産油国に報復リスク
米政府、サムスンに補助金64億ドル 国内半導体強化
【舛添直言】今度はイスラエルがイランを攻撃、「報復の応酬」はどこまでエスカレートするか
当てはまらない「アラブ対イスラエル」の構図、イランの攻撃受けたイスラエルを周辺アラブ諸国が手助けする理由

本日の新着

一覧
イランのミサイル迎撃に初めて実戦使用されたSM-3、日本の防空能力も証明
すでに始まっている「宇宙戦」、日本は何をすべきか
樋口 譲次
Z世代が「将来役に立たない」と感じる教育なら、全面見直しが必要不可欠
終戦80年「戦後教育」GHQ指導要領にいまこそ決別を!
伊東 乾
逆風のEV、本格普及に必要なことは?日産は全固体電池の量産を急ぐも開始は28年、車両コスト削減だけでは不十分
桃田 健史
《台湾有事への備え》「たぶんトランプ」の米国と石油・ガス輸入の長期契約を結べ
杉山 大志
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。