箱根駅伝5区が函嶺洞門を通過しなくなった理由

このままでは歴史的建造物がいずれ廃墟に
2022.1.1(土) 牧村 あきこ follow フォロー help フォロー中
建設・不動産スポーツ
この写真の記事へ戻る
土砂の崩落を防ぐために造られた函嶺洞門(2021年11月撮影)
2014年、函嶺洞門を走る東洋大の設楽啓太選手(写真:日本スポーツプレス協会/アフロスポーツ)
アーチの開放部3つを1スパンとして、合計6スパン(計18の開放部)で構成されている
函嶺洞門の小田原側。道幅が狭いので、大型車がすれ違いにくい。歩道は洞門の外側に造られている(2009年、Aimaimyi, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons)
小田原側から函嶺洞門に向かうと、バイパスは右に曲がり早川を渡る。車道幅は7.25mに広がった
フェンス越しに函嶺洞門の小田原側を撮影
函嶺洞門を走り抜け、芦ノ湖側に出た設楽啓太選手(写真:日本スポーツプレス協会/アフロスポーツ)
2021年現在の函嶺洞門の芦ノ湖側

国内の写真

日本で土砂災害が多発する理由とは?
地球環境問題の解決と人の自己実現を目指すプラチナ社会
研究者も勘違い? 科学には「3つの作法」がある
さらば食品ロス、古い商品から売れていく劇的解決策
訪日外国人増加の大弊害、万引き天国になる日本
天皇に関係する場所が深い“森”に覆われている理由

本日の新着

一覧
「働かないおじさん」のリストラは景気に関係なく加速するばかり
希望退職が広がる裏で、「排除の論理」が強まる社会は健全なのか
岡部 隆明
サッカーW杯の開会式にメンバーが出たBTSに全く関心のない私が考えたこと
BTS消費国と呼ばれる日本、ARMYの「音楽総攻」もカタール大会出場に寄与?
羽田 真代
工芸品店から出てきた猫が「いらっしゃいませ〜」
ドラえもんのTシャツを着た犬もいるベトナムのホイアン旧市街
新美 敬子
消えゆくダルマ駅、いまならまだ見られる現存駅はココ
北海道では廃駅が相次ぐが、「第3の人生」を歩むものも
牧村 あきこ
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。