礒山 雅のプロフィール

1946―2018年。音楽学者。東京大学文学部および、同大学院修士・博士課程で、美学藝術学を学ぶ。学術博士(国際基督教大学)。国立音楽大学教授を経て、同音楽研究所所長、2006年日本音楽学会会長、サントリー芸術財団理事、いずみホール音楽ディレクターなどを歴任。1988年バッハの研究により辻荘一賞受賞、『マタイ受難曲』で京都音楽賞・研究部門賞受賞。2018年度、第31回ミュージック・ペンクラブ音楽賞研究・評論部門受賞。2018年国際基督教大学より博士号を授与される。著書に『マタイ受難曲』『モーツァルト』(ちくま学芸文庫)、『バッハ=魂のエヴァンゲリスト』『バロック音楽名曲鑑賞事典』(講談社学術文庫)、『バロック音楽』(NHKブックス)、『J.S.バッハ』(講談社現代新書)など多数。

礒山 雅の人気記事

「ヨハネ受難曲」に秘められたバッハの思い
礒山 雅2020.2.19

最新記事