ルース・ベネディクト、阿部 大樹のプロフィール

ルース・ベネディクト
Ruth Benedict 1887―1948。アメリカの文化人類学者。ニューヨークに生まれ、コロンビア大学大学院でフランツ・ボアズに師事し、第二次世界大戦中は、合衆国政府の戦時情報局に勤務し、日本文化についての研究を深める。晩年にコロンビア大学の正教授に任じられる。主な著書に、『文化の型』『菊と刀―日本文化の型』など。
阿部 大樹
1990年、新潟生まれ。新潟大学医学部卒。精神科医。主な論文に”Music-evoked emotions in schizopherenia”ほか。訳書にH・S・サリヴァン『精神病理学私記』(須貝秀平と共訳)。

ルース・ベネディクト、阿部 大樹の人気記事

人間はなぜマイノリティ差別と殺戮を繰り返すのか
ルース・ベネディクト、阿部 大樹2020.4.10

最新記事