畦地 履正のプロフィール

畦地履正(あぜち・りしょう)

株式会社四万十ドラマ代表取締役。1964年四万十町(旧十和村)生まれ。83年に高知県立東高等学校卒業、昭和62年に十川農協(現高知はた農協)に就職。94年に四万十川中流域町村(大正町・十和村・西土佐村)が第三セクターとして設立した四万十ドラマに移る。2005年の四万十ドラマの完全民営化後、2007年に代表取締役就任した。

■主な受賞歴

平成19年度 

高知県地場産業大賞受賞(地域おこしでは初めての受賞)

農林水産省「立ち上がる農山漁村」認定

平成20年度 

経済産業省「ソーシャルビジネス55選」認定

平成22年度 

総務省「地域づくり総務大臣表彰」優秀賞受賞

平成25年度 

経済産業省「がんばる中小企業・小規模事業社300社」受賞

■四万十ドラマについて

「四万十川に負担をかけないものづくり」をコンセプトに、地域と密着し、自然循環型企業を目指した事業を展開している。四万十川の会員制度「RIVER」の立ち上げや、四万十川の地域資源を活かした商品開発に関わる。中でも「四万十ひのき風呂」は捨てていた端材を利用した循環型商品として80万枚を出荷した。「しまんと緑茶」「しまんと地栗」シリーズや「四万十川新聞バッグ」などの商品を開発している。その他、四万十川流域集客システムをつくる「四万十また旅プロジェクト」にも参画、新たな観光産業を生み出している。
 

畦地 履正の人気記事

地域おこしの超メジャーが月7割減でも前向きな理由
畦地 履正2020.6.24

最新記事