2017.7.28

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

食の源流探訪

日本人が日常茶飯としている定番食。あまたある食べものの中で、
なぜそれが定番になり得たのか。どのように日本化されていったのか。
「新・日本食」の源流からの流れを、歴史をひもときながら考察する。

「タコライス」は米兵の頬張る“基地の味” ライフ

「タコライス」は米兵の頬張る“基地の味”
沖縄で生まれた大らかな夏の料理

ライフ タコライスが沖縄全土に広まったのは、90年代に入ってからだ。那覇にタコライス専門店ができるようになり、… 2012.7.20
なぜか「ソース」で炒める日本の焼きそば ライフ

なぜか「ソース」で炒める日本の焼きそば
麺は中国、調味料は西洋、料理は日本オリジナル

ライフ 中華麺の普及が大正末期。ソースを使ったお好み焼きが誕生したのは昭和になってから。さらに、中華麺とソー… 2012.6.8
明治時代から庶民の味方だった「牛丼」 ライフ

明治時代から庶民の味方だった「牛丼」
どんぶりで受け継がれる文明開化の味

ライフ 牛肉は、周知のように文明開化を象徴する食材である。その牛肉と米がどんぶりのなかで出会って誕生したのが… 2012.5.11
PR
PR
「黄色いモンブラン」は日本の発明 ライフ

「黄色いモンブラン」は日本の発明
アルプスの山々に思いを馳せて自由が丘で誕生

ライフ かつてモンブランと言えば、あの栗きんとんみたいな黄色いペーストを渦巻き状にぐるぐるっと盛ったのが定番… 2012.4.13
ハヤシライスは謎と混乱の煮込み料理だった ライフ

ハヤシライスは謎と混乱の煮込み料理だった
「林」か「早矢仕」か「ハッシュド」か

ライフ おそらく、「ハヤシ」という言葉は明治の半ばに登場し、明治時代後半から大正にかけて普及していったに違い… 2012.3.9
PR
PR
PR
「タコライス」は米兵の頬張る“基地の味”
沖縄で生まれた大らかな夏の料理
[澁川 祐子] 2012.7.20
なぜか「ソース」で炒める日本の焼きそば
麺は中国、調味料は西洋、料理は日本オリジナル
[澁川 祐子] 2012.6.8
明治時代から庶民の味方だった「牛丼」
どんぶりで受け継がれる文明開化の味
[澁川 祐子] 2012.5.11
PR
「黄色いモンブラン」は日本の発明
アルプスの山々に思いを馳せて自由が丘で誕生
[澁川 祐子] 2012.4.13
ハヤシライスは謎と混乱の煮込み料理だった
「林」か「早矢仕」か「ハッシュド」か
[澁川 祐子] 2012.3.9
「焼肉」は日本で独自に発展した料理だった
調理法も器具も日本オリジナル
[澁川 祐子] 2012.2.10
PR
中華まんが「コンビニ冬の定番」に上りつめるまで
老舗パン屋で生まれ変わり、製菓会社の工夫で発展
[澁川 祐子] 2012.1.13
コロッケはじゃがいもが先か、クリームが先か
謎に包まれた日本のコロッケのルーツ
[澁川 祐子] 2011.12.9
秀逸なネーミングで日本に定着、モンゴル生まれの鍋料理「しゃぶしゃぶ」 [澁川 祐子] 2011.11.11
PR
一口ごとに幸せな気分に、日本人の創意工夫で生まれた「オムライス」 [澁川 祐子] 2011.10.14 男心を捕える「私の得意料理は肉じゃが」、さかのぼると海軍の味? [澁川 祐子] 2011.9.9 冷やし中華はやっぱり「日本料理」だった
蒸し暑さとおいしい水が生んだ風土料理
[澁川 祐子] 2011.8.12
ナポリではなく横浜生まれ、「ナポリタン」こそ日本の正統派スパゲティだ [澁川 祐子] 2011.7.8 揚げ物ではなかった「とんかつ」誕生秘話
豚肉の炒め焼きが遂げた画期的な進化とは
[澁川 祐子] 2011.6.10
和洋折衷の奇跡の産物、その名は「あんパン」
饅頭の進化形として誕生、明治天皇もとりこに
[澁川 祐子] 2011.5.13
熾烈な争いが生んだ世界に冠たるインスタントラーメン [澁川 祐子] 2011.4.22 これほど日本人がカレー好きなのにはワケがある
日本のカレー文化と江戸の食生活の関係とは?
[澁川 祐子] 2011.3.28
前へ
1 2
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR