2017.2.20

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

世界情勢

世界的な政治・経済のトレンド、各国が直面している共通の問題、グローバル企業のビジネス展開などを解説します。
ナチス再来を危ぶみ世界中で売れるヒトラー本 国際

ナチス再来を危ぶみ世界中で売れるヒトラー本
ニューズウィーク誌は2年続けて発売、タブーのはずのドイツまで

国際 昨年1月に再出版されたナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの自叙伝的著書「Mein Kampf」(わが闘争)が1年間で… 2017.2.17
主要産油国の減産ゲームに飽き始めた市場 国際

主要産油国の減産ゲームに飽き始めた市場
需要の減少が減産効果を打ち消しに

国際 これまで市場では「OPECが世界的な原油供給過剰を緩和する」との楽観的な見方が大勢だった。だが、それが縮… 2017.2.17
イラクで人々の心をつかみ感謝される日本人 ライフ

イラクで人々の心をつかみ感謝される日本人
テロ対策に武器は不要、聴診器があればいい

ライフ JBpressで連載を始めることにした。これから毎週水曜日、ヌーベルバーグ「新しい波」というコラムを書いて… 2017.2.15
PR PR
歴史は繰り返す、フランスで女ヒトラー誕生の可能性 国内

歴史は繰り返す、フランスで女ヒトラー誕生の可能性
エスプリの堕落で国民の支持を集め始めたソフトな極右党首

国内 昨年末から「山手線」「街道筋」などの「小さな旅」系のコラムを断続して書いています。その背景には、実は… 2017.2.15
トランプで当面はうまくいく、最悪なのはそのあとだ 国際

トランプで当面はうまくいく、最悪なのはそのあとだ
独裁と自国最優先は短期間ならば経済に好影響

国際 筆者はトランプ大統領の政策が極めて短い期間に行き詰まることはないと考える。心配すべきことは中長期への… 2017.2.14
PR ナチス再来を危ぶみ世界中で売れるヒトラー本
ニューズウィーク誌は2年続けて発売、タブーのはずのドイツまで
[高濱 賛] 2017.2.17
主要産油国の減産ゲームに飽き始めた市場
需要の減少が減産効果を打ち消しに
[藤 和彦] 2017.2.17
イラクで人々の心をつかみ感謝される日本人
テロ対策に武器は不要、聴診器があればいい
[鎌田 實] 2017.2.15
PR 歴史は繰り返す、フランスで女ヒトラー誕生の可能性
エスプリの堕落で国民の支持を集め始めたソフトな極右党首
[伊東 乾] 2017.2.15
トランプで当面はうまくいく、最悪なのはそのあとだ
独裁と自国最優先は短期間ならば経済に好影響
[川島 博之] 2017.2.14
トランプ大統領が安倍首相を手厚くもてなした理由
蜜月関係の構築を最優先した安倍首相
[筆坂 秀世] 2017.2.14
PR トランプ政権の本質、保護主義ではなく「帝国主義」
誤解されるトランプ政権~孤立・保護・差別主義ではない
[武者 陵司] 2017.2.14
日本敵視外国人を育てる日本人エリートたち
文科省の天下り問題に象徴される高級官僚の深い罪
[森 清勇] 2017.2.14
米国では酷評「マティス・稲田会談は成果なし」
日米同盟強化の具体的ビジョンを期待するトランプ政権
[北村 淳] 2017.2.9
トランプは入国禁止令の裏で「宣戦布告」していた
シリア侵攻に向けて突き進むトランプ政権
[部谷 直亮] 2017.2.8
中国とロシアが崩壊させる自由主義の世界秩序
孤立主義ではいられないトランプ政権
[古森 義久] 2017.2.7
主要産油国の思惑が外れ、原油市場は膠着状態
OPEC諸国はさらなる減産に踏み切れるか?
[藤 和彦] 2017.2.3
アップル、世界スマホ市場で首位奪取
iPhoneの四半期販売台数、過去最高を更新
[小久保 重信] 2017.2.2
トランプ政権誕生でキャスティングボート握る日本
中露協調を促したバランス・オブ・パワーの変化
[矢野 義昭] 2017.2.1
覇権国下りた米国がもたらす手本なき世界
トランプの決断を促した3つの痛打とは
[堀田 佳男] 2017.1.31
日本に大きな決断を迫る「世界経済のブロック化」
ブレグジットとトランプ政権の誕生で加速
[加谷 珪一] 2017.1.30
中国と世界:新たなダボスマン [The Economist] 2017.1.27 世界を大きく変えてきた酉年就任の大統領
映画と旅する歴史の舞台~米国番外篇/雑学を超えた映画知識(序章)
[竹野 敏貴] 2017.1.27
南極圏でプレゼンスを強化するアルゼンチン
気候変動で商業的関心に火、ロシアや中国が資源を欲しがったら・・・
[Financial Times] 2017.1.26
トランプ大統領の執務室に帰ってきたチャーチル像
オバマ時代とは一転、英国との関係修復へ
[古森 義久] 2017.1.25
次へ

JBpress Premiumのご登録 JBpress無料会員のご登録

PR