2018.7.17

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

学術

人文科学、社会科学、自然科学・・・、大学や研究機関、個人の研究者が取り組む先端的な研究やフィールドワークの内容と成果を紹介します。
小惑星に到着、はやぶさ2の成果が人類を救う? 国内

小惑星に到着、はやぶさ2の成果が人類を救う?
リュウグウは何を語る? 人類未踏の探査、ここに注目

国内 地球出発から1302日、32億Kmの航海を経て、2018年6月27日9時35分(日本時間)、小惑星探査機「はやぶさ2」… 2018.7.4
宇宙の謎を解明する基地、造るなら日本だ 国内

宇宙の謎を解明する基地、造るなら日本だ
日本に誕生するか、新型の素粒子研究装置「ILC」(後編)

国内 素粒子を研究するための新型加速器、国際リニアコライダー(ILC)。これを東北地方の北上山地に造ろうとい… 2018.6.29
宇宙に最も近づきたいなら「素粒子」を見よ! 国内

宇宙に最も近づきたいなら「素粒子」を見よ!
日本に誕生するか、新型の素粒子研究装置「ILC」(前編)

国内 加速器で素粒子を研究すると何が分かるのか。なぜ日本に国際リニアコライダー(ILC)を造るのか。こういっ… 2018.6.28
PR
PR
中国がヘゲモニー国家になれない理由 国内

中国がヘゲモニー国家になれない理由
『人に話したくなる世界史』の著者・玉木俊明 京都産業大学教授に聞く

国内 手数料を制する者、世界を制す。19世紀末から第1次世界大戦直前までのイギリスが典型である――西洋経済史… 2018.6.26
スパコン「京」と重力波が明らかにする原子核の世界 国内

スパコン「京」と重力波が明らかにする原子核の世界
存在が予言された新粒子「ダイオメガ」

国内 2018年5月24日、「HAL QCDコラボレーション」という研究グループが記者発表を行ない、新粒子「ダイオメガ(… 2018.6.14
PR
PR
PR
小惑星に到着、はやぶさ2の成果が人類を救う?
リュウグウは何を語る? 人類未踏の探査、ここに注目 [林 公代] 2018.7.4
宇宙の謎を解明する基地、造るなら日本だ
日本に誕生するか、新型の素粒子研究装置「ILC」(後編) [島田 祥輔] 2018.6.29
宇宙に最も近づきたいなら「素粒子」を見よ!
日本に誕生するか、新型の素粒子研究装置「ILC」(前編) [島田 祥輔] 2018.6.28
PR
中国がヘゲモニー国家になれない理由
『人に話したくなる世界史』の著者・玉木俊明 京都産業大学教授に聞く [阿部 崇] 2018.6.26
スパコン「京」と重力波が明らかにする原子核の世界
存在が予言された新粒子「ダイオメガ」 [小谷 太郎] 2018.6.14
人類の大問題解決の鍵が眠る「ミクロとマクロの間」
日本の若手物理学者の歴史的貢献に期待 [伊東 乾] 2018.5.18
PR
私たちはなぜ眠る? 動物共通の根源的な問いに迫る
働く人1000人規模の睡眠調査へのチャレンジ [西原 潔] 2018.5.18
さらば物理の世紀、21世紀の主役は分子生物学だ!
日本人の進化の痕、ゲノム解析でどこまで見えた? [小谷 太郎] 2018.5.16
なぜ私たちは「人間とは何か」を理解したいのか~人間の幸せとは何か(3) [GLOBIS知見録] 2018.5.9 遺伝子改変技術など最も勢いのある生物学の最前線
HONZ特選本『合成生物学の衝撃』 [HONZ] 2018.5.8
食べ物の不思議:牛の骨はどこからやって来るのか?
野生動物はなぜ土なめをするのか、故郷の野菜が美味しいわけとは [伊東 乾] 2018.5.1
京大と東大総長、国立大学法人化問題で激しい火花?
失敗だったと言う京大総長、必然だったと話す東大総長の真意は [伊東 乾] 2018.4.27
「自分をコントロールすること」と「他者や物をコントロールすること」にあまり違いはないかもしれない~人間の幸せとは何か(2) [GLOBIS知見録] 2018.4.25 イノベーションとは「異分野どうしの思いもよらない融合」である~山中伸弥G1サミット2018インタビュー [GLOBIS知見録] 2018.4.19 人間にはバリエーションがある。重要なのは見かけではなくどう対話して関わるかということ~人間の幸せとは何か(1) [GLOBIS知見録] 2018.4.18 軍事に代わり新しい産学協創は宇宙から開拓される
イノベーションと基礎科学研究の新トレンド [伊東 乾] 2018.4.10
腰が抜けるほど凄かったホーキング博士の業績
ブラックホールからビッグバンまで、博士の描いた宇宙像 [小谷 太郎] 2018.4.6
吉宗と定信の理想、庶民に寄り添う“遊楽の地”
福島の南湖と東京の飛鳥山に、彼らの思想のヒントがある [有井 太郎] 2018.3.29
超新星爆発の瞬間を捉えた確率100万分の1の偶然
物質と生命の輪廻、その転換点に立ち会えるか [小谷 太郎] 2018.3.16
粘着テープから再びノーベル賞が生まれる
世界を驚かせた最新の米国発、グラフェン超格子の絶縁体超伝導転移 [伊東 乾] 2018.3.13
次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR