2019.1.17
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

学術

人文科学、社会科学、自然科学・・・、大学や研究機関、個人の研究者が取り組む先端的な研究やフィールドワークの内容と成果を紹介します。
日本も参加し月を周回する宇宙ステーション建設へ 国内

日本も参加し月を周回する宇宙ステーション建設へ
人類初「月面着陸」から50年、再び月に挑む「ゲートウェイ」構想

国内 人類が初めて月面に降り立ってから50年、再び人類は月に向かって動き出そうとしている。月の周回軌道上に新… 2019.1.10
めちゃくちゃ遠い新天体! どんどん広がる太陽系 国内

めちゃくちゃ遠い新天体! どんどん広がる太陽系
「水金地火木土天海ファー」、次はオールトの雲発見か?

国内 2018年12月17日(協定世界時)、太陽からとんでもなく離れた新しい小天体「2018 VG18」の報告が人々を驚か… 2019.1.4
遺伝子操作の双子誕生、誰も言わない問題の本質とは 国内

遺伝子操作の双子誕生、誰も言わない問題の本質とは
「ゲノム編集ベビー」発表が私たちに突きつけた課題(後篇)

国内 11月26日、中国の南方科技大学の賀建奎 (He Jiankui)氏が、「ゲノム編集」を施した受精卵から双子を誕生… 2018.12.13
PR
PR
今こそ知っておきたい「ゲノム編集」の大きな可能性 国内

今こそ知っておきたい「ゲノム編集」の大きな可能性
「ゲノム編集ベビー」発表が私たちに突きつけた課題(前篇)

国内 11月26日、「ゲノム編集」という方法で受精卵の遺伝子を人為的に変えた赤ちゃんが誕生した、というニュース… 2018.12.12
4番目に近い恒星、バーナード星にも惑星があった 国内

4番目に近い恒星、バーナード星にも惑星があった
4000個以上も見つかった惑星、その先の期待は生命の存在?

国内 先日、へびつかい座の方向にある「バーナード星」が惑星を持つという研究結果が発表されました。近距離にあ… 2018.12.5
PR
PR
PR
日本も参加し月を周回する宇宙ステーション建設へ
人類初「月面着陸」から50年、再び月に挑む「ゲートウェイ」構想
[新潮社フォーサイト] 2019.1.10
めちゃくちゃ遠い新天体! どんどん広がる太陽系
「水金地火木土天海ファー」、次はオールトの雲発見か?
[小谷 太郎] 2019.1.4
遺伝子操作の双子誕生、誰も言わない問題の本質とは
「ゲノム編集ベビー」発表が私たちに突きつけた課題(後篇)
[島田 祥輔] 2018.12.13
PR
今こそ知っておきたい「ゲノム編集」の大きな可能性
「ゲノム編集ベビー」発表が私たちに突きつけた課題(前篇)
[島田 祥輔] 2018.12.12
4番目に近い恒星、バーナード星にも惑星があった
4000個以上も見つかった惑星、その先の期待は生命の存在?
[小谷 太郎] 2018.12.5
自分自身がどうやってできあがったかを知る感動
HONZ特選本『人体はこうしてつくられる』
[HONZ] 2018.12.4
PR
「はやぶさ2」はなぜ太陽系の歴史を解明できるのか
ただの小惑星の破片ではないリュウグウの価値
[渡邊 光太郎] 2018.11.30
ミステリーのように一気に読める、地質学の新書
HONZ特選本『フォッサマグナ』
[HONZ] 2018.11.20
なぜ太くなる? 大根の謎をゲノム解析で明らかに
白くて太い野菜の多様性に迫る(後篇)
[漆原 次郎] 2018.11.16
村上春樹の無自覚な不正学位取得会見が示す病根
早稲田も日本の社会や歴史も嘲る営利作家とはいったい何者か
[伊東 乾] 2018.11.13
新聞テレビばかりか学術誌までフェイクニュースが席巻
偽論文の天国? 「カルチュラル・スタディーズ」とは何か
[伊東 乾] 2018.11.6
「サステナビリティ学」はお金やモノ以外の幸せを考える
サステイナビリティ学とは何か
[ 10MTVオピニオン] 2018.10.25
「イグノーベル賞」の本当の意味を知っていますか?
「日本人が受賞」などと喜んでる場合じゃない
[小谷 太郎] 2018.10.24
知能と身体性は不可分なのか?
知能と進化(1)知性と身体性
[ 10MTVオピニオン] 2018.10.19
生物の進化を人間の手で実現、進化分子工学の威力
ノーベル化学賞:本庶佑、大隅良典両氏の業績と関連の深い研究成果
[伊東 乾] 2018.10.16
酵素を改良せよ! 「指向性進化法」にノーベル賞
分子に“進化”をもたらした2018年ノーベル化学賞
[小谷 太郎] 2018.10.15
ノーベル物理・化学賞に女性が並んだ意味
2018年から始まる本物の男女同権、ストックホルムが先鞭つける
[伊東 乾] 2018.10.12
京大が10年ごとにノーベル賞受賞者を輩出する理由
日本の知的生産力は今がピークかもしれない
[湯之上 隆] 2018.10.9
地方大学の女性准教授にノーベル物理学賞、その理由
今年のノーベル賞はジェンダーが一つの裏テーマに
[伊東 乾] 2018.10.9
本庶佑さんにノーベル医学生理学賞が来た必然的理由
免疫チェックポイント療法:ノーベル委員会の免疫は働いているか?
[伊東 乾] 2018.10.3
次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR