2019.4.18
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

芸術文化

美術、音楽、映画、文学、演劇、伝統芸能・・・。明日への活力を充填してくれる様々な芸術文化を取り上げ最新動向を紹介します。
「ドミソ」の和音を生み出した天蓋の焼失 国内

「ドミソ」の和音を生み出した天蓋の焼失
ノートルダム大聖堂火災、人類は何を失ったか(2)

国内 ノートルダム大聖堂火災、単に文化財建築が焼失したという以上に、かけがえのない人類の軌跡が、跡かたもな… 2019.4.18
ノートルダム大聖堂火災、人類は何を失ったか 国内

ノートルダム大聖堂火災、人類は何を失ったか
焼け落ちた尖塔とバラ窓の起源、イスラムとゴシック建築

国内 フランス、パリはシテ島のノートルダム大聖堂から出火しました。原因は、修復工事で用いられていた電気ハン… 2019.4.17
「我思う、ゆえに我在り」はデカルトの専売特許ではない ライフ

「我思う、ゆえに我在り」はデカルトの専売特許ではない
デカルトの存在論に学ぶ(1) 「我思う、ゆえに我在り」

ライフ 2019.4.17
PR
PR
日本初の「株式会社」、誰がつくった? ライフ

日本初の「株式会社」、誰がつくった?
『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第9回)

ライフ その肖像が新一万円札に採用されることになった渋沢栄一は、生涯において500もの会社の設立に関わった。で… 2019.4.12
なぜ日本人だけがゴボウを育て文化に発展させたのか ライフ

なぜ日本人だけがゴボウを育て文化に発展させたのか
世界で唯一の発展を遂げた根菜の物語(前篇)

ライフ さまざまな根菜の中でも「ゴボウ」ほど、日本の特有性が高い食材はないだろう。伝来種とされながら、日本で… 2019.4.12
PR
PR
PR
「ドミソ」の和音を生み出した天蓋の焼失
ノートルダム大聖堂火災、人類は何を失ったか(2)
[伊東 乾] 2019.4.18
ノートルダム大聖堂火災、人類は何を失ったか
焼け落ちた尖塔とバラ窓の起源、イスラムとゴシック建築
[伊東 乾] 2019.4.17
「我思う、ゆえに我在り」はデカルトの専売特許ではない
デカルトの存在論に学ぶ(1) 「我思う、ゆえに我在り」
[ 10MTVオピニオン] 2019.4.17
PR
日本初の「株式会社」、誰がつくった?
『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第9回)
[柳原 三佳] 2019.4.12
なぜ日本人だけがゴボウを育て文化に発展させたのか
世界で唯一の発展を遂げた根菜の物語(前篇)
[漆原 次郎] 2019.4.12
大ヒット『ボヘミアン・ラプソディ』とその時代背景
英愛関係史(3)北アイルランドの「The Troubles」その2~平和への遠い道程
[竹野 敏貴] 2019.4.10
PR
佐野鼎も嫌気がさした? 長州閥の利益誘導体質
『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第8回)
[柳原 三佳] 2019.4.7
令和の出典に登場する「蘭」、歌人が見た景色とは?
梅と蘭が彩ってきた文化の交流と生物多様性
[矢原 徹一] 2019.4.5
テクノ・ドラッグイベントを25年前に禁止した英国
クリミナル・ジャスティス法1994と「イージー・ライダー」からの半世紀
[伊東 乾] 2019.4.5
後を引く美味! シンガポールの“魚の頭”カレー
世界に広がる「フィッシュヘッド」の食文化
[佐藤 成美] 2019.4.5
「こんな図書館があるのか!」心躍る知の館
HONZ特選本『図書館巡礼 「限りなき知の館」への招待』
[HONZ] 2019.4.2
孝明天皇は6度も改元、幕末動乱期の「元号」事情
『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第6回)
[柳原 三佳] 2019.3.31
徳川家康の子・信康を殺害の命は信長か、それとも…
徳川信康は武田勝頼と内通していたのか。戦国時代の謎と真実に迫る(5)
[小和田 泰経] 2019.3.29
「100年後に名を残したい」京提灯の新たな挑戦
新たな境地を切り開く京都の伝統産業の未来(前編)
[西原 潔] 2019.3.29
愛しくて切ない、壁崩壊後の東ドイツそれぞれの人生
映画で読み解く社会学:『希望の灯り』(2018年、ドイツ映画)
[髙山 亜紀] 2019.3.28
映画に見るブレグジット:北アイルランド紛争と人権
英愛関係史(2):北アイルランドの「The Troubles」その1
[竹野 敏貴] 2019.3.27
中国の指導者はジェームズ・ボンド映画に学べ
忍耐力を失い、先を急ぐ国、思惑を明かして敵を利する?
[The Economist] 2019.3.26
米国で博物館初体験、遣米使節が驚いた「人の干物」
『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第5回)
[柳原 三佳] 2019.3.23
「王殺し」のクロムウェルが敷いた英国強大化の道筋
【連載】ビジネスに効く! 世界史最前線(第18回)
[玉木 俊明] 2019.3.23
「山月記」に学べ、ドラッグで終わる芸術家生命
芸能人薬物汚染に引くべきけじめの一線
[伊東 乾] 2019.3.22
次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR