2018.6.22

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

アメリカ

政治、経済、金融、外交、軍事、社会・・・。米国の現状と今後についてあらゆる角度からJBpressならではの切り口で論じます。
「米朝首脳会談」でも続く北朝鮮のサイバー攻撃 国際

「米朝首脳会談」でも続く北朝鮮のサイバー攻撃
中国、ロシアのハッカー集団も韓国を狙い撃ち

国際 米朝による非核化に向けた交渉の裏で、サイバー空間での北朝鮮の動きが活発になっている。問題は北朝鮮だけ… 2018.6.21
台湾を叩く中国、接近する米国 国際

台湾を叩く中国、接近する米国
どこから見ても「大使館」、歴史的サミットの陰でのせめぎ合い

国際 ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の独裁者、金正恩(キム・ジョンウン)氏との首脳会談が鳴り物入りで行… 2018.6.21
米朝首脳会談、終わってみれば中国の独り勝ち 国際

米朝首脳会談、終わってみれば中国の独り勝ち
安保政策面でも経済面でも利益を得る中国

国際 歴史的な米朝首脳会談の成果について関係各国では複雑な考察が飛び交う。そんななかで意外と語られることが… 2018.6.20
PR
PR
ロバート・デ・ニーロに完敗、恥さらしたトランプ 国内

ロバート・デ・ニーロに完敗、恥さらしたトランプ
片や日本外交は周回遅れ、北朝鮮にも無視される始末

国内 少しグローバルに視野を広げて日本を取り巻く国際情勢を考えてみたいと思います。ここ数日、俳優のロバート… 2018.6.19
米朝首脳会談、金正恩の勝利 国際

米朝首脳会談、金正恩の勝利
ショーマンシップを最重視したトランプ大統領

国際 過去30年の間に、北朝鮮は軍縮を何度も約束してきた。そして、寛大な見返りを手に入れてはその約束を破ると… 2018.6.19
PR
PR
PR
「米朝首脳会談」でも続く北朝鮮のサイバー攻撃
中国、ロシアのハッカー集団も韓国を狙い撃ち
[新潮社フォーサイト] 2018.6.21
台湾を叩く中国、接近する米国
どこから見ても「大使館」、歴史的サミットの陰でのせめぎ合い
[The Economist] 2018.6.21
米朝首脳会談、終わってみれば中国の独り勝ち
安保政策面でも経済面でも利益を得る中国
[古森 義久] 2018.6.20
PR
ロバート・デ・ニーロに完敗、恥さらしたトランプ
片や日本外交は周回遅れ、北朝鮮にも無視される始末
[伊東 乾] 2018.6.19
米朝首脳会談、金正恩の勝利
ショーマンシップを最重視したトランプ大統領
[The Economist] 2018.6.19
世界の安全と平和、米国の後退こそが最大の脅威
70年続いてきた同盟システムを叩き壊すトランプ大統領
[Financial Times] 2018.6.18
PR
現実味を帯びてきた米カリフォルニア州3分割
実現すれば1863年のウエストバージニア州独立以来
[堀田 佳男] 2018.6.18
日本は北の打ち出の小槌に、原罪は平壌宣言にあり
「非核化」なき資金提供、北の刃は日本列島に
[手嶋 龍一] 2018.6.16
米朝首脳会談は100点満点、ほくそ笑む金正恩
ヒトラー以上に自国民を虐待する国が手にするものとは
[高濱 賛] 2018.6.15
結局のところ北朝鮮は非核化されるのか?
「段階別、同時行動原則を」~核放棄を回避する布石を打った北朝鮮
[黒井 文太郎] 2018.6.14
苦悩するアメリカと“助けない同盟国”日本
英仏は南シナ海での米軍FONOPに援軍派遣を表明
[北村 淳] 2018.6.14
本当は米国を敵視していなかった北朝鮮国民
覆される金政権の主張、北朝鮮国内の秘密調査で明らかに
[古森 義久] 2018.6.13
米朝首脳会談、過去の歴史的なサミットの教訓
世界は安全になるのか? ミュンヘンからヤルタまで成果はまちまち
[Financial Times] 2018.6.12
トランプ大統領の外交政策解体論は通用しない
米国と世界と鉄球を振りかざす「壊し屋」
[The Economist] 2018.6.12
トランプのリップ・サービスで終わらせるな
ニクソン、レーガン、ブッシュ共和党政権は同盟国日本を裏切り続けた
[森 清勇] 2018.6.11
会談に臨む北朝鮮、腹の底で何を考えているのか?
核放棄の意志があるのかはまだ不明
[黒井 文太郎] 2018.6.9
中国の新興はトゥキュディデスの罠か?
国際社会に差し迫る本当の脅威とは
[アンドルー・ゴードン] 2018.6.8
対米貿易戦争で中国が密かに進めるある知財権交渉
この所有権の実質的な価値は、中国政府にとって桁違い
[新潮社フォーサイト] 2018.6.7
米国はなぜ「太平洋軍」の名称を変更したのか
飛躍的に強力になってしまった中国海洋戦力
[北村 淳] 2018.6.7
米国で湧き上がるマケインブームは、生前葬さながら
マケイン大統領が誕生していれば米国は分裂していなかった・・・
[高濱 賛] 2018.6.6
次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR