2018.2.23

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

アメリカ

政治、経済、金融、外交、軍事、社会・・・。米国の現状と今後についてあらゆる角度からJBpressならではの切り口で論じます。
ロシアに新経済制裁、米国が検討中 国際

ロシアに新経済制裁、米国が検討中
ルーブル下落と金利の急上昇、外貨準備急減の再来も

国際 日ロ外交が活性化するなか、文化交流も盛んになっている。2017年11月30日、ロシアを代表するロックバンド「… 2018.1.11
「史上最低の大統領・親日家グラント」が米国で大評判 国際

「史上最低の大統領・親日家グラント」が米国で大評判
スキャンダルと失政だらけで、どこかトランプに類似?

国際 年末から年始にかけて米国内で売れに売れている本がある。米大統領経験者として初めて日本を訪問したことも… 2018.1.9
バノン氏の政敵、トランプ政権のアジア政策責任者に 国際

バノン氏の政敵、トランプ政権のアジア政策責任者に
中国に精通するキャリア外交官、スーザン・ソーントン氏

国際 トランプ政権がアジア外交政策の最高責任者にスーザン・ソーントン氏を任命した。バノン氏は政権辞任直後、… 2018.1.8
PR
PR
中東地域のメルトダウンをもたらすトランプ外交 国際

中東地域のメルトダウンをもたらすトランプ外交
追い詰められるイラン、反撃の矛先がサウジに?

国際 今年のトランプ外交の重点は、ユダヤマネーが望む「イラン潰し」になるのではないかと筆者は考えている。国… 2018.1.6
中国の海洋侵出を食い止めるために日米がすべきこと 政治経済

中国の海洋侵出を食い止めるために日米がすべきこと
対処療法的な方針では焼け石に水、確固たる海軍戦略が不可欠

政治経済 2018年にはいよいよトランプ政権の海軍力増強政策がスタートするが、南シナ海や東シナ海における中国の膨張… 2018.1.5
PR
PR
PR
ロシアに新経済制裁、米国が検討中
ルーブル下落と金利の急上昇、外貨準備急減の再来も
[榎本 裕洋] 2018.1.11
「史上最低の大統領・親日家グラント」が米国で大評判
スキャンダルと失政だらけで、どこかトランプに類似?
[高濱 賛] 2018.1.9
バノン氏の政敵、トランプ政権のアジア政策責任者に
中国に精通するキャリア外交官、スーザン・ソーントン氏
[古森 義久] 2018.1.8
PR
中東地域のメルトダウンをもたらすトランプ外交
追い詰められるイラン、反撃の矛先がサウジに?
[藤 和彦] 2018.1.6
中国の海洋侵出を食い止めるために日米がすべきこと
対処療法的な方針では焼け石に水、確固たる海軍戦略が不可欠
[北村 淳] 2018.1.5
約133人に1人が依存症、オピオイドが米国を滅ぼす
危機的な薬物蔓延の背後に製薬会社や流通代理店の政界工作も
[新潮社フォーサイト] 2018.1.4
PR
いつ日中衝突が起きてもおかしくない尖閣諸島
米ランド研が警告、米軍の対応もシミュレート
[古森 義久] 2018.1.4
米国が見直す台湾の重み、東アジアの次なる火種に
米台の軍艦が相互寄港へ、ヒステリックに反応する中国
[阿部 純一] 2018.1.3
「米中G2時代」の現実から目をそらしてはいけない
日本人が想像する以上に長くて深いアメリカと中国の関係
[佐藤 けんいち] 2018.1.2
世界大戦発生の歴史に学べない危うい米国と中国
トランプ大統領の「国家安全保障戦略」とキンドルバーガーの罠
[渡部 悦和] 2017.12.29
今もトランプの腹心、バノンが明かす米政権の本音
語るに落ちたロシアゲート、だが北朝鮮攻撃はあり得ない
[堀田 佳男] 2017.12.29
「北朝鮮暴発の危機」は中国のシナリオだった?
中国の海洋戦略が勝利を手にした2017年
[北村 淳] 2017.12.28
やはり「中国と対決」の道を選んだトランプ政権
米中融和路線を否定した国家安全保障戦略
[古森 義久] 2017.12.27
民主主義国を脅かす不平等
下手をすれば金権ポピュリズムか独裁へ――マーティン・ウルフ
[Financial Times] 2017.12.26
最高警備体制の中で楽しまれるドイツのクリスマス市
至る所に事件や事故を防ぐ仕組み、日本の五輪は大丈夫?
[伊東 乾] 2017.12.22
サイバー空間の規範作りで対立続く欧米と中露
一方で2国間合意が進むが日本は蚊帳の外
[新潮社フォーサイト] 2017.12.21
米国「355隻海軍」は日本にとってビジネスチャンス
中国のスピードに追いつけない米国の造艦能力の現状
[北村 淳] 2017.12.21
新たな駐韓米国大使は北朝鮮問題を好転させられるか
保守本流の朝鮮問題専門家、ビクター・チャ氏が次期大使に
[古森 義久] 2017.12.20
中国、「シャープパワー」という新たな影響力
透明性vs裏工作、西側諸国はどう対処すべきか
[The Economist] 2017.12.20
どんな都市? よく分かるエルサレムとテルアビブ
イスラエルの米国大使館「移転」問題の意味を考える
[佐藤 けんいち] 2017.12.19
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR