2016.7.30

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円)はこちらから!

映画の中の世界

映画は社会の鏡、それも割れたり曇ったりしているマジックミラーのような存在だ。そんな映画から垣間見られる各地の素顔を、世界中を彷徨し続ける筆者が大国小国双方の目を通して綴っていく。

デジタルエイジの「ニュー・シネマ・パラダイス」とは ライフ

デジタルエイジの「ニュー・シネマ・パラダイス」とは
最新映画が語る映画事情~マネー・テクノロジー編

ライフ ポルポト政権下の映画人粛清が招いた悲劇を描く『シアター・プノンペン』。ウルグアイのシネマテークの様子… 2016.7.28
ブレグジットが促す「壁のある世界」への回帰 ライフ

ブレグジットが促す「壁のある世界」への回帰
公開中『シリア・モナムール』が見せるシリア内戦のリアリティ

ライフ ハンガリーの大統領府は、EUが打ち出した加盟各国への難民受け入れ分担計画の是非について、国民投票を10月… 2016.7.14
映画で味わい感じるビートルズの歴史と音楽 ライフ

映画で味わい感じるビートルズの歴史と音楽
伝説の武道館公演から50年~当初は冷たかった世間の目

ライフ 1966年6月29日早朝、4人の英国の若者が羽田空港に降り立った。ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジ… 2016.7.4
PR PR
国家とも闘ったモハメド・アリの素晴らしき人生 ライフ

国家とも闘ったモハメド・アリの素晴らしき人生
黒人差別、良心的兵役拒否、宗教、改名、奇跡のタイトル奪還・・・

ライフ 「蝶のように舞い、蜂のように刺し」ヘビー級ボクシングを変えた。「ベトコンは俺をニガー(黒人の蔑称)と… 2016.6.21
「核なき世界」実現に立ちはだかる恐怖の論理 ライフ

「核なき世界」実現に立ちはだかる恐怖の論理
人間が悪をなす能力を消し去ることができないのなら・・・

ライフ オバマ大統領が米国の現職大統領として初めて広島を訪問、名演説によって核のない世界を訴えた。しかし、実… 2016.6.13
PR デジタルエイジの「ニュー・シネマ・パラダイス」とは
最新映画が語る映画事情~マネー・テクノロジー編
[竹野 敏貴] 2016.7.28
ブレグジットが促す「壁のある世界」への回帰
公開中『シリア・モナムール』が見せるシリア内戦のリアリティ
[竹野 敏貴] 2016.7.14
映画で味わい感じるビートルズの歴史と音楽
伝説の武道館公演から50年~当初は冷たかった世間の目
[竹野 敏貴] 2016.7.4
PR 国家とも闘ったモハメド・アリの素晴らしき人生
黒人差別、良心的兵役拒否、宗教、改名、奇跡のタイトル奪還・・・
[竹野 敏貴] 2016.6.21
「核なき世界」実現に立ちはだかる恐怖の論理
人間が悪をなす能力を消し去ることができないのなら・・・
[竹野 敏貴] 2016.6.13
一足先に"トランプ大統領"誕生のフィリピン小史
スペイン、米国統治を経て、汚職まみれた政治の源流をたどる
[竹野 敏貴] 2016.5.30
PR 環境に優しい生活とは何か、映画を見て考えよう
先進国の豊かな生活は、途上国の貧困と飢えに支えられている
[竹野 敏貴] 2016.5.23
公開中の映画が生々しく描くメキシコ麻薬戦争
暴力渦巻く世で、ぼやけるばかりの善悪、正誤のボーダーライン
[竹野 敏貴] 2016.5.12
公開中の映画に見るジャーナリスト魂、日本には?
思考停止に陥った「凡庸な」大衆がもたらすもの
[竹野 敏貴] 2016.4.28
PR スーパーヒーローはいつどのような時に必要か
公開中『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』の社会学
[竹野 敏貴] 2016.4.15
北海道新幹線開業、映画で見る青函トンネル工事
「レイルロードムービー」が表す高度成長時代と移民難民の心情
[竹野 敏貴] 2016.4.5
格差を生み、不況をもたらした許されざる"真犯人"
公開中『マネー・ショート』と『ドリームホーム』が雄弁に語る世界経済
[竹野 敏貴] 2016.3.28
映画を見れば面白さ倍増の米大統領予備選
スキャンダル、ネガティブキャンペーン、暗殺計画・・・
[竹野 敏貴] 2016.3.17
名作を陰で支える映画音楽の巨匠たち
87歳の巨匠エンニオ・モリコーネがアカデミー作曲賞受賞
[竹野 敏貴] 2016.3.10
文明の十字路トルコ、シリア問題に果たすべき役割
公開中の映画で見る100年前のトルコとイスタンブールの街
[竹野 敏貴] 2016.3.3
様々な社会の垣根を壊してきた音楽の力
グラミー賞の追悼パフォーマンスに思う「歌は世につれ世は歌につれ」
[竹野 敏貴] 2016.2.25
エジプト革命から5年、混迷度増すアラブ世界
公開中『禁じられた歌声』『独裁者と小さな孫』が見せるカオスと矛盾
[竹野 敏貴] 2016.2.16
ジカ熱に苦しむブラジル、不安増すオリンピック開催
映画に見る「サッカーと音楽とカーニバルの国」
[竹野 敏貴] 2016.2.5
スピルバーグが映画で描いてきた不寛容な世界
公開中『ブリッジ・オブ・スパイ』で考える冷戦時といま
[竹野 敏貴] 2016.1.21
申年に生まれた傑作が語りかける人類とは何か
2016年はH・G・ウェルズ生誕150年、没後70年
[竹野 敏貴] 2016.1.14
次へ