2018.2.25

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

映画の中の世界

映画は社会の鏡、それも割れたり曇ったりしているマジックミラーのような存在だ。そんな映画から垣間見られる各地の素顔を、世界中を彷徨し続ける筆者が大国小国双方の目を通して綴っていく。

国連安保理常任理事国はいずれも恐るべき死の商人 ライフ

国連安保理常任理事国はいずれも恐るべき死の商人
『ドローン・オブ・ウォー』と『ロード・オブ・ウォー』が語る「武器の今」

ライフ 10月1日、オレゴン州ローズバーグのアンプクワ・コミュニティ・カレッジで、銃乱射事件が起き、少なくとも1… 2015.10.8
人口減少の国ニッポンから難民問題を考える ライフ

人口減少の国ニッポンから難民問題を考える
安全で温かな家に暮らし、豊かな食卓を囲むことの意味

ライフ 9月29日(日本時間30日)、安倍晋三首相は国連総会一般討論演説で、「シリア・イラクの難民・国内避難民に… 2015.10.1
記憶を題材にした映画が語る人生とは歴史とは何か ライフ

記憶を題材にした映画が語る人生とは歴史とは何か
人生の40,000日目に後悔しないために・・・

ライフ 福岡ソフトバンクホークスが圧倒的強さを見せつけ優勝を決めたパ・リーグ。空前の大混戦のセ・リーグ。CS、… 2015.9.24
PR
PR
映画が如実に語るテロと暴力と大義に満ちた現代史 ライフ

映画が如実に語るテロと暴力と大義に満ちた現代史
悪を駆逐するのは悪、暴力には暴力、が現実なのだろうか・・・

ライフ 『ジャッカルの日』(1973)『戦争の犬たち』(1980)など映画化作も多いベストセラー作家フレデリック・フ… 2015.9.17
「テロとの戦い」時代に「恐怖の文化」を考える ライフ

「テロとの戦い」時代に「恐怖の文化」を考える
世界は悪くなるばかりなのだろうか?

ライフ 『エルム街の悪夢』(1984)『スクリーム』(1996)などのホラー映画で知られるウェス・クレイヴン監督が、… 2015.9.10
PR
PR
PR
国連安保理常任理事国はいずれも恐るべき死の商人
『ドローン・オブ・ウォー』と『ロード・オブ・ウォー』が語る「武器の今」
[竹野 敏貴] 2015.10.8
人口減少の国ニッポンから難民問題を考える
安全で温かな家に暮らし、豊かな食卓を囲むことの意味
[竹野 敏貴] 2015.10.1
記憶を題材にした映画が語る人生とは歴史とは何か
人生の40,000日目に後悔しないために・・・
[竹野 敏貴] 2015.9.24
PR
映画が如実に語るテロと暴力と大義に満ちた現代史
悪を駆逐するのは悪、暴力には暴力、が現実なのだろうか・・・
[竹野 敏貴] 2015.9.17
「テロとの戦い」時代に「恐怖の文化」を考える
世界は悪くなるばかりなのだろうか?
[竹野 敏貴] 2015.9.10
多くの映画が警鐘を鳴らす地球温暖化の悲劇
現実逃避の旅から現実を見つめる旅へ
[竹野 敏貴] 2015.9.2
PR
バイオテクの暴走を警告する『ジュラシック・ワールド』
人類は「第6の大絶滅」を生き抜けるか
[竹野 敏貴] 2015.8.25
終戦から70年、「核の時代」を映画で振り返る
風化させてはいけない広島、長崎、原発事故・・・
[竹野 敏貴] 2015.8.18
「審判の日」を招くのは人工知能か人間か?
「ターミネーター」に出逢わぬ世であるために
[竹野 敏貴] 2015.8.8
PR
評判の最新映画、マッドマックス、アベンジャーズ・・・
Mad Maxな「終末後」の世界を生き抜くには・・・
[竹野 敏貴] 2015.7.25
映画が描き出す民族、言語、文化の境界線
エジプト人俳優オマー・シャリフの多国籍無国籍出演作が語るもの
[竹野 敏貴] 2015.7.23
民主主義と暴力とカネと格闘するギリシャ現代史
民主主義と神話と悲劇の国が迷い込んだラビリンスからの脱出は・・・
[竹野 敏貴] 2015.7.11
記憶が失われる恐怖を体験してみよう
公開中の『アリスのままで』を見て考える、人間とは何か
[竹野 敏貴] 2015.7.9
かつて映画音楽を人々が口ずさむ時代があった
映画音楽の作曲家たちの記憶
[竹野 敏貴] 2015.7.1
いまなお黒人差別が続く米国社会の闇と光明
公開中『グローリー』『ジェームス・ブラウン』が語りかけてくるもの
[竹野 敏貴] 2015.6.24
映画に極上のネタを供給した実際のプリズンブレイク
「矯正」のための刑務所なのに、犯罪と汚職がはびこる現実
[竹野 敏貴] 2015.6.18
『涙するまで、生きる』『ゼロの未来』が描く不条理
カミュのアルジェ、カフカのプラハ、モンティ・パイソンの宇宙
[竹野 敏貴] 2015.6.6
母語と共通語、そして帝国主義
公開中『あの日の声を探して』が語るコーカサス
[竹野 敏貴] 2015.5.30
悠久のナイル、帝国主義と独裁者と暴力の物語 [竹野 敏貴] 2015.5.23 世界遺産でたどる中東史
ペトラ、パルミラ、バールベック、ダマスカス~文化遺産が示す意味
[竹野 敏貴] 2015.5.16
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR