2017.6.27

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

映画の中の世界

映画は社会の鏡、それも割れたり曇ったりしているマジックミラーのような存在だ。そんな映画から垣間見られる各地の素顔を、世界中を彷徨し続ける筆者が大国小国双方の目を通して綴っていく。

人類は核のゴミを完全に封印できるか ライフ

人類は核のゴミを完全に封印できるか
映画に見る人間の時間、地球の時間、原子の時間

ライフ ボストン美術館で、(知られている中では)米国最古となるタイムカプセルが開けられた 2015.1.26
いまだ謎多き「時間」を感じる力あふれる映画たち ライフ

いまだ謎多き「時間」を感じる力あふれる映画たち
2014年の最高傑作、『6才のボクが、大人になるまで。』が見せる「時間」

ライフ 1月11日、第72回ゴールデン・グローブ賞授賞式が行われ、『6才のボクが、大人になるまで。』(2014)が、ド… 2015.1.19
2015年の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 ライフ

2015年の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
原発やイスラム国、中国の軍拡もない世界・・・

ライフ 「Top Risks 2015」が発表された。コンサルタント会社ユーラシア・グループによる年始恒例のこのリポートで… 2015.1.13
PR PR
映画が語る宇宙船地球号の未来 ライフ

映画が語る宇宙船地球号の未来
地球の現在過去未来を宇宙から俯瞰した視線で考える

ライフ ペルーの首都リマで開かれていた国連気候変動枠組み条約第20回締約国会議(COP20)は、2020年以降の温室効… 2014.12.26
忌まわしい歴史の繰り返しのようだった2014年 ライフ

忌まわしい歴史の繰り返しのようだった2014年
それは近未来ディストピアSFのようでもある

ライフ 反政府デモ参加者殺害に関与した罪に問われていたホスニ・ムバラク元エジプト大統領が事実上の無罪判決を受… 2014.12.22
PR
アクセスランキング
PR
PR 人類は核のゴミを完全に封印できるか
映画に見る人間の時間、地球の時間、原子の時間
[竹野 敏貴] 2015.1.26
いまだ謎多き「時間」を感じる力あふれる映画たち
2014年の最高傑作、『6才のボクが、大人になるまで。』が見せる「時間」
[竹野 敏貴] 2015.1.19
2015年の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
原発やイスラム国、中国の軍拡もない世界・・・
[竹野 敏貴] 2015.1.13
PR 映画が語る宇宙船地球号の未来
地球の現在過去未来を宇宙から俯瞰した視線で考える
[竹野 敏貴] 2014.12.26
忌まわしい歴史の繰り返しのようだった2014年
それは近未来ディストピアSFのようでもある
[竹野 敏貴] 2014.12.22
SF大作『インターステラ―』が描く人間の内面
複製が容易になった現代社会で問われるアイデンティティ
[竹野 敏貴] 2014.12.1
PR 『ランナー・ランナー』を見て働く意味を考える
働く環境が激変するなか、デジタルノマドも悪くない
[竹野 敏貴] 2014.11.25
適切な歴史認識に必要なのはドラキュラの視線
『ドラキュラZERO』が呼び覚ます15世紀欧州キリスト教世界闇の歴史
[竹野 敏貴] 2014.11.14
大谷翔平とミリオンダラー・アームが示す人間力
細分化とサイバー化が進む世だからこそ必要な真のジェネラリスト
[竹野 敏貴] 2014.10.31
PR サイバー空間時代にものを言う「国民の文化力」
『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』に垣間見る小国の生き様
[竹野 敏貴] 2014.10.24
もしも「ノーベル映画賞」があったら
ノーベル文学賞受賞者パトリック・モディアノの時と記憶と映画
[竹野 敏貴] 2014.10.17
急激な変化をもたらした東京五輪から50年
独特の歴史・文化と自然とテクノロジーの共生を世界に示せるか
[竹野 敏貴] 2014.10.10
ジャージー・ボーイズで考えるヒット曲の価値と寿命
あふれる音楽と限られた時間の狭間で・・・
[竹野 敏貴] 2014.10.3
人類の英知が破壊する地球という不都合な真実
気候サミットのレオナルド・ディカプリオの演説を聞いて考えること
[竹野 敏貴] 2014.9.26
『猿の惑星』と『LUCY』で考える人類の進化と未来
環境破壊を続ければ人類も絶滅危惧種になり得る
[竹野 敏貴] 2014.9.19
世界史に見る9月11日、多くの国の運命を左右した日
米国、スコットランド、カタルーニャ、アイルランド、トルコ、チリ・・・
[竹野 敏貴] 2014.9.12
米国で今なお根強い人種差別と警察への不信感
セントルイス郊外での黒人男性射殺が暴く差別と権力と暴力の闇
[竹野 敏貴] 2014.8.29
米国映画が描いてきたおかしな日本と日本人
西洋人が演じた東洋人、日本人が演じた中国人
[竹野 敏貴] 2014.8.22
8月15日、戦争に敗れた日本を映画で振り返る
廃墟と化した「敗戦国」、それぞれの映像の記録
[竹野 敏貴] 2014.8.15
特異な「核の時代」を生きる日本人に課せられた使命
「原爆の日」に、新旧『ゴジラ』をみて考える
[竹野 敏貴] 2014.8.8
前へ 次へ