2017.2.21

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

政治

政策論、政治家論など様々な角度から政治を論じ、日本がとるべき針路と現実のギャップを浮き彫りにします。
「偽ニュース」時代の新聞、デジタル購読が急増 国際

「偽ニュース」時代の新聞、デジタル購読が急増
トランプ現象やブレグジットが追い風、広告モデルからの転換も

国際 新聞業界にとって2016年は極端な好不調が併存する年だった。紙の新聞への広告出稿が減少する一方で、北米と… 2017.2.21
北朝鮮の核ミサイル開発が加速し始めた理由 政治経済

北朝鮮の核ミサイル開発が加速し始めた理由
もはや危険水域に、日本や米国の常識外を想定せよ

政治経済 2017年2月12日、北朝鮮は約2日間にわたった安倍晋三首相とドナルド・トランプ大統領の初の日米首脳会談直後… 2017.2.20
高校無償化で「バラマキ教育」の競争が始まる 国内

高校無償化で「バラマキ教育」の競争が始まる
子供を食い物にするポピュリズムは「いつか来た道」

国内 高校無償化は、選挙権のない高校生の同意なしに彼らの税負担で消費を増やす親のエゴイズムであり、それに迎… 2017.2.17
PR PR
黒字戦争:ドイツの経常黒字は問題だが・・・ 国際

黒字戦争:ドイツの経常黒字は問題だが・・・

国際 ドイツは2月9日、経常収支の黒字幅が約2700億ユーロ(ほぼ3000億ドル)に達したと発表した。中国をも上回る… 2017.2.17
ギリシャと欧州、真実を語れないことが招く危機 国際

ギリシャと欧州、真実を語れないことが招く危機
IMFとドイツの事情で、お決まりの綱渡りに異変か?

国際 IMFはギリシャ経済の最新調査で、「公的債務は2015年末に(国内総生産=GDP=比)179%に達し、持続不能だ… 2017.2.16
PR 「偽ニュース」時代の新聞、デジタル購読が急増
トランプ現象やブレグジットが追い風、広告モデルからの転換も
[Financial Times] 2017.2.21
北朝鮮の核ミサイル開発が加速し始めた理由
もはや危険水域に、日本や米国の常識外を想定せよ
[中谷 寛士] 2017.2.20
高校無償化で「バラマキ教育」の競争が始まる
子供を食い物にするポピュリズムは「いつか来た道」
[池田 信夫] 2017.2.17
PR 黒字戦争:ドイツの経常黒字は問題だが・・・ [The Economist] 2017.2.17 ギリシャと欧州、真実を語れないことが招く危機
IMFとドイツの事情で、お決まりの綱渡りに異変か?
[Financial Times] 2017.2.16
意外にも常識的な「トランプ外交」
マティス国防長官の訪日にも見られる同盟国重視の姿勢
[新潮社フォーサイト] 2017.2.16
PR F35を大幅値引きさせた新進気鋭のロビイスト
トランプ大統領に直接働きかけられるその人物とは
[堀田 佳男] 2017.2.15
日本メディアのトランプ報道はもはや「誤報」レベル
完全に読み違えていた日米首脳会談の展望
[古森 義久] 2017.2.15
歴史は繰り返す、フランスで女ヒトラー誕生の可能性
エスプリの堕落で国民の支持を集め始めたソフトな極右党首
[伊東 乾] 2017.2.15
ワシントン州vsトランプ:大統領権限を問う試金石 [The Economist] 2017.2.15 トランプ大統領が安倍首相を手厚くもてなした理由
蜜月関係の構築を最優先した安倍首相
[筆坂 秀世] 2017.2.14
韓国、早期大統領選挙だとしても分からない「民心」
乱舞する世論調査だが、回答率1桁で、信頼できるのか?
[玉置 直司] 2017.2.14
日本敵視外国人を育てる日本人エリートたち
文科省の天下り問題に象徴される高級官僚の深い罪
[森 清勇] 2017.2.14
格差拡大を助長するブレグジットの愚
高所得者と高齢者を優遇、メイ首相の言動不一致は明らか
[Financial Times] 2017.2.14
マティス来日でも全然一件落着ではない防衛負担問題
トランプ大統領が問題視しているのは駐留経費だけではない
[古森 義久] 2017.2.8
米国の抑制と均衡:崩れる要塞は暴君を阻止できるか [The Economist] 2017.2.8 マティス発言にぬか喜び禁物、強か中国次の一手
米国が守ってくれる幻想を捨て、尖閣を自ら守る体制整えよ
[織田 邦男] 2017.2.8
「サンキュー、サムスン!」を喜べない事情
米中間のけん制にさまよう韓国外交と産業界
[玉置 直司] 2017.2.7
フランスがポピュリストの流れを変える
春に迫った注目の大統領選挙、国民の間で高まる改革機運
[Financial Times] 2017.2.7
トランプを討つ明智光秀は誰だ!
早くも余命のカウントダウン始まり、ペンスの注目度急上昇
[高濱 賛] 2017.2.3
次へ

JBpress Premiumのご登録 JBpress無料会員のご登録

PR