2018.12.17
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

政治

政策論、政治家論など様々な角度から政治を論じ、日本がとるべき針路と現実のギャップを浮き彫りにします。
韓国で頻発する鉄道事故、原因究明より責任転嫁 国際

韓国で頻発する鉄道事故、原因究明より責任転嫁
KTX脱線事故は今の政権のせいか、前の政権のせいなのか

国際 2018年12月8日午前7時35分、冬季五輪開催で有名になった平昌(ピョンチャン)近くの江稜(カンヌン)駅を発… 2018.12.14
ロシアと中国はお互いをどう見ているのか? 国際

ロシアと中国はお互いをどう見ているのか?
友情など二の次、冷笑的な世界観で結びつく2大国

国際 中国の長春(チャンチュン)からロシアのウラジオストクに至る高速鉄道は、中ロ友好の素晴らしいシンボルに… 2018.12.13
経産省は「ゾンビ救済ファンド」を手放さない 国内

経産省は「ゾンビ救済ファンド」を手放さない
「官民ファンド」はソブリン・ウエルス・ファンドとは似て非なるもの

国内 経産省vs.産業革新投資機構。この対立の根源には何があるのか。そもそも経産省の思惑と、田中正明社長ら経… 2018.12.12
PR
PR
世界史に見る外国人の賢い受け入れ方 政治経済

世界史に見る外国人の賢い受け入れ方
審議に参加しない国会議員のサボタージュを許すな

政治経済 12月8日未明、問責決議案の乱発の末に改正出入国管理法が成立した。今回成立した法律は、少子高齢化で労働… 2018.12.12
トランプ大統領を包囲する司直の手 国際

トランプ大統領を包囲する司直の手
着々と進むロシア疑惑の捜査、メキシコ国境より強固な「壁」

国際 12月5日のジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の葬儀で終始ただ静かに座っていただけで、ドナルド・トランプ… 2018.12.12
PR
PR
PR
韓国で頻発する鉄道事故、原因究明より責任転嫁
KTX脱線事故は今の政権のせいか、前の政権のせいなのか
[玉置 直司] 2018.12.14
ロシアと中国はお互いをどう見ているのか?
友情など二の次、冷笑的な世界観で結びつく2大国
[The Economist] 2018.12.13
経産省は「ゾンビ救済ファンド」を手放さない
「官民ファンド」はソブリン・ウエルス・ファンドとは似て非なるもの
[阿部 崇] 2018.12.12
PR
世界史に見る外国人の賢い受け入れ方
審議に参加しない国会議員のサボタージュを許すな
[森 清勇] 2018.12.12
トランプ大統領を包囲する司直の手
着々と進むロシア疑惑の捜査、メキシコ国境より強固な「壁」
[Financial Times] 2018.12.12
取締役辞任を奇貨とし産業革新投資機構は閉鎖せよ
産業育成の官民ファンドが絶対に成功しない理由
[高橋 洋一] 2018.12.11
PR
フランスの政治、マクロン大統領を襲った悪夢
結局はただの人間、問題は政策の内容よりも提示の仕方にある
[The Economist] 2018.12.11
産業革新投資機構vs.経産省 取締役9人辞任の裏側
経産省が狙う「ゾンビ救済ファンド化」に歴戦のプロたちが反旗
[大西 康之] 2018.12.10
メイ英首相はブレグジットの命綱をつかみ取れ
議会制民主主義が「民意」に責任転嫁する時に起きる迷走
[Financial Times] 2018.12.10
ファーウェイ幹部逮捕で本格化、米国の対中防諜戦
米国と諜報活動協定を結ぶ国が足並みそろえる中、日本はどうする
[山田 敏弘] 2018.12.7
勝谷誠彦が安倍首相の要請を断って知事選に出た理由
続々・最後まで寄り添った盟友が明かす「辛口コラムニスト」の生き様
[高橋 茂] 2018.12.6
黒海は波高し、ロシアとウクライナが海上で衝突
海峡封鎖のもくろみと大統領選挙をにらんだ思惑が交錯
[The Economist] 2018.12.6
嘘を発信し続ける中国と韓国、信じて日本を叩く米国
米国の対中・対韓認識は虚飾だらけ、太平洋戦争時の悪夢再び?
[森 清勇] 2018.12.6
台頭する中国を相手にする日本の奮闘
緊張緩和を図る安倍首相、それでもアジアの超大国は重大な脅威
[Financial Times] 2018.12.5
半導体戦争、中国と米国とシリコン覇権
超大国とテクノロジー、21世紀の戦いの行方
[The Economist] 2018.12.4
トランプか習近平か、英国が迫られる不快な選択
EUに自ら別れを告げたのに、米国も当てにできなくなったら・・・
[Financial Times] 2018.12.3
ミャンマー巡る日中の鉄道支援合戦、日本が先行
ヤンゴンから首都ネピドー、古都マンダレーへ至る幹線鉄道の改良工事に着手
[玉懸 光枝] 2018.12.3
国境に到達した移民キャラバン、武力行使はあるか
阻止しても受け入れても移民大国・米国にのしかかる重荷
[堀田 佳男] 2018.11.30
超大国のライバル関係に粉砕されたAPEC首脳会議
パプアニューギニアに見る米中対立と巻き込まれる国々の悩み
[The Economist] 2018.11.29
日本に迫る危機:残る手は憲法の「無効宣言」か
危機迫る国際情勢を認識しない野党への対処法
[森 清勇] 2018.11.29
次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR