The Economist

消費増税で疲弊する日本経済

今年、重要な税を引き上げることにした決断は大きな間違いだったのか? 長年にわたる政治的コンセンサスは、膨れ上がる公的債務を抑制するた…

中国のレアアース支配に陰り

Financial Times

中国のレアアース支配に陰り

米国防総省の元アドバイザーによると、中国がレアアース(希土類)の国際市場に…

地域振興

大気に感謝する「空気神社」をつくった町民“持たないミュージアム”が地域の宝を創造~山形県・朝日町

朝日町は、エコミュージアムを実現した日本最初の町でもある。エコミュージアムとは、1960年代後半に国際博物館会議(ICOM)の初代デ…

世界の中の日本

今、「慰安婦問題」の誤解を解く最後の時西岡力氏に聞く「世界に真実を発信する」情報戦略

朝日新聞が「日本軍による慰安婦の強制連行」という記事は誤りだったと認めたものの、韓国政府は依然として慰安婦問題での謝罪要求を続けてい…

グローバル人材は秋田県が生み出す 設立10年で超人気校となった国際教養大学の秘密

人材育成

グローバル人材は秋田県が生み出す 設立10年で超人気校となった国際教養大学の秘密

壁一面に貼られた企業名。そこにあるのは超有名企業ばかり。「あと1人を残すの…

経営のためのIT活用実学

使えない「ハイクラス人材」にならないために輝かしい経歴を羅列して満足していないか?

スペックを含めてハイクラスと認められ、必要とされるには、何ができる人であればよいのか? IT関連の領域で言うと、年齢や経験年数、年収…

生みの親はAKBとピストルズ?宇都宮のパンクな調味料がデビューするまで

企業

生みの親はAKBとピストルズ?宇都宮のパンクな調味料がデビューするまで

AKBの海外戦略は、話題性を作ってマスコミに取材させて、それをどんどん波及…

科学の現場

「信濃川地震帯」が危ない御嶽山噴火後も続く危機の連鎖

角田氏によれば、現在火山と地震とのペア活動が最も活発な時期にあり、2017年前後に再び火山と地震のペアの活動が強まるという。日本の地…

映画の中の世界

もしも「ノーベル映画賞」があったらノーベル文学賞受賞者パトリック・モディアノの時と記憶と映画

今年のノーベル文学賞受賞者は、パトリック・モディアノに決まった。受賞理由は「とらえがたい人間の運命を想起し、占領下の生活を明らかにする記憶の芸術」

最新記事

最新記事一覧へ
アクセスランキング
プライバシーマーク

当社は、2010年1月に日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、個人情報について適切な取り扱いがおこなわれている企業に与えられる「プライバシーマーク」を取得いたしました。

Back To Top

▲ close