2017.2.27

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

人材育成

国際的に通用する人材、変化に適応できる人材はどうすれば育てられるのか。さまざまな組織における人材育成の取り組みや手法をレポートします。
「この人のためなら」と部下から思われる上司になる ビジネス

「この人のためなら」と部下から思われる上司になる
第79回 「仕事」のみならず「人」に関心を持っているか

ビジネス あるヘッドハンターの方とお話しさせていただいた。その際に、今、ヘッドハンティングの依頼として増えてい… 2017.2.17
大学が就職支援をキャリア支援に拡張した本当の理由 キャリア

大学が就職支援をキャリア支援に拡張した本当の理由
大学のキャリア支援・教育はどこから来てどこに向かうのか(2)

キャリア 前回は、2000年代初め、各大学の「就職部」「就職課」などが「キャリアセンター」「キャリア支援センター」… 2017.2.7
指示待ち人間を作っているのは、上司のあなたかも ビジネス

指示待ち人間を作っているのは、上司のあなたかも
第78回 部下の行動に影響を与えてしまう好子と嫌子

ビジネス 最近、日本企業の生産性が下がっているという記事を目にすることが多い。生産性を上げるためには、低コスト… 2017.2.3
PR PR
大学の就職予備校化を招いた「キャリア支援・教育」 キャリア

大学の就職予備校化を招いた「キャリア支援・教育」
大学のキャリア支援・教育はどこから来てどこに向かうのか(1)

キャリア 今回は「キャリア支援・教育」について、数回に分けて取り上げる。考えてみたいのは、(1)大学におけるキ… 2017.1.19
大前研一「教育を変えると、世の中が5年で変わる。21世紀の義務教育と大学の役割」 キャリア

大前研一「教育を変えると、世の中が5年で変わる。21世紀の義務教育と大学の役割」

キャリア 本連載では書籍『大前研一 日本の未来を考える6つの特別講義』より、国際競争力を高める人材を育成するため… 2017.1.16
PR 「この人のためなら」と部下から思われる上司になる
第79回 「仕事」のみならず「人」に関心を持っているか
[藤田 耕司] 2017.2.17
大学が就職支援をキャリア支援に拡張した本当の理由
大学のキャリア支援・教育はどこから来てどこに向かうのか(2)
[児美川 孝一郎] 2017.2.7
指示待ち人間を作っているのは、上司のあなたかも
第78回 部下の行動に影響を与えてしまう好子と嫌子
[藤田 耕司] 2017.2.3
PR 大学の就職予備校化を招いた「キャリア支援・教育」
大学のキャリア支援・教育はどこから来てどこに向かうのか(1)
[児美川 孝一郎] 2017.1.19
大前研一「教育を変えると、世の中が5年で変わる。21世紀の義務教育と大学の役割」 [biblion] 2017.1.16 大前研一「日本企業が世代交代で失速する理由」 [biblion] 2016.12.26 PR 異色すぎる軟式の高校球児がプロ野球の世界に
英語教師になるはずの運命を変えたのは「大学」だった
[有坪 民雄] 2016.12.22
大前研一「講義型から対話型へ。世界で活躍する人材を育てる『考える教育』」 [biblion] 2016.12.19 キッザニアに学ぶ「感動を生むスタッフ」の育て方
営業強化を科学する(第36回)
[松井 拓己] 2016.12.16
教育投資を回収するなら理工系大学が有利
米カレッジROIランキング
[経営プロ] 2016.12.15
教員たちが眉をひそめる大学改善のある“取り組み”
ファカルティディベロプメント(FD)への怨嗟
[児美川 孝一郎] 2016.12.12
大前研一「アジアで根強い詰め込み型『教える教育』」 [biblion] 2016.12.12 【特集】「未来ビジョン」を見据えた、関東学院大学の新たな人材育成 2016.12.12 ブスの生き方を引き合いにアイドルの引退を考察する
毎月3000円を投資しながら、ウェブでメシを食うには
[松本 大介] 2016.12.10
大前研一「入試なし。猫も杓子も大学、の逆を行くドイツ式教育」 [biblion] 2016.11.28 大前研一「教育格差社会、米国の光と影」 [biblion] 2016.11.21 結局は偏差値?大学の多様化を阻害する日本社会の目
生き残りをかけた"夢想":進まない大学の「機能別分化」(4)
[児美川 孝一郎] 2016.11.15
大前研一「学校制度に見る先進国エリート養成法」 [biblion] 2016.11.14 大前研一の特別講義「大卒に特別な価値はない。世界教育動向と進む学歴インフレ」 [biblion] 2016.11.7 北京の月を見て考えた“国策”科学教育の結末
科学の普及、民主化に必要なのは施設ばかりではない
[渡辺 政隆] 2016.11.2
次へ

JBpress Premiumのご登録 JBpress無料会員のご登録

PR