2018.12.12
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

ヨーロッパ

伝統と複雑な歴史の中で試される政治・経済・社会の改革、新しいビジネスの動きなどをレポートします。
フランスの政治、マクロン大統領を襲った悪夢 国際

フランスの政治、マクロン大統領を襲った悪夢
結局はただの人間、問題は政策の内容よりも提示の仕方にある

国際 神々が住んでいたとされるオリュンポス山とは雲泥の差だ。昨年、エマニュエル・マクロン氏は改革を任されて… 2018.12.11
ゴーン氏が破壊、ブルームバーグ氏が作るもの 国内

ゴーン氏が破壊、ブルームバーグ氏が作るもの
「富の偏在」は人々を幸せにするか、好対照を見せる「経営者の器」

国内 東京地検特捜部の取り調べを受けているカルロス・ゴーン容疑者が「年間20億の報酬は自分が貰って良い額だ」… 2018.12.11
メイ英首相はブレグジットの命綱をつかみ取れ 国際

メイ英首相はブレグジットの命綱をつかみ取れ
議会制民主主義が「民意」に責任転嫁する時に起きる迷走

国際 テリーザ・メイ首相の政府は、英ドーバー港に到着する欧州のフェリーに一定のスペースを割り当てる計画を策… 2018.12.10
PR
PR
ゴーン氏に我慢の限界、爆発寸前だった製造現場 国内

ゴーン氏に我慢の限界、爆発寸前だった製造現場
経営者の超高額収入は健全な自動車作りと相入れない

国内 11月19日、販売台数で世界第2位の自動車企業グループ、日産自動車の総帥カルロスゴーン氏が逮捕された。逮… 2018.12.7
黒海は波高し、ロシアとウクライナが海上で衝突 国際

黒海は波高し、ロシアとウクライナが海上で衝突
海峡封鎖のもくろみと大統領選挙をにらんだ思惑が交錯

国際 「やつらをぶちのめせ・・・くそ、どうやら大統領が裏で全部手を引いてるようだ」。ケルチ海峡でウクライナ… 2018.12.6
PR
PR
PR
フランスの政治、マクロン大統領を襲った悪夢
結局はただの人間、問題は政策の内容よりも提示の仕方にある
[The Economist] 2018.12.11
ゴーン氏が破壊、ブルームバーグ氏が作るもの
「富の偏在」は人々を幸せにするか、好対照を見せる「経営者の器」
[伊東 乾] 2018.12.11
メイ英首相はブレグジットの命綱をつかみ取れ
議会制民主主義が「民意」に責任転嫁する時に起きる迷走
[Financial Times] 2018.12.10
PR
ゴーン氏に我慢の限界、爆発寸前だった製造現場
経営者の超高額収入は健全な自動車作りと相入れない
[渡邊 光太郎] 2018.12.7
黒海は波高し、ロシアとウクライナが海上で衝突
海峡封鎖のもくろみと大統領選挙をにらんだ思惑が交錯
[The Economist] 2018.12.6
マクロンの改革に国民が激怒するフランスの特殊事情
ぬるま湯に慣れ切った国民性は「痛みを伴う」改革を許容できない
[舛添 要一] 2018.12.5
PR
トランプか習近平か、英国が迫られる不快な選択
EUに自ら別れを告げたのに、米国も当てにできなくなったら・・・
[Financial Times] 2018.12.3
日産だけじゃない、カリスマ経営者に潜む危険
多くのグローバル企業でキーパーソンリスクが露呈
[The Economist] 2018.11.27
ブレグジットは英国崩壊への道
突如見えてきた終点、破産よりひどい結果になる恐れ
[Financial Times] 2018.11.26
世界から「先進国であり得ない」と蔑まれた韓国
強硬な米ユダヤ系団体が防弾少年団を大目に見た裏に垣間見える軽蔑
[高濱 賛] 2018.11.21
英国とEU、いよいよ大詰め迎えたブレグジット
何年も消えない傷跡を残す重大な決断、今度こそは「跳ぶ前に見よ」
[The Economist] 2018.11.20
いよいよ正念場、イタリアとEUが真っ向から衝突
予算をめぐるバトル、ユーロ圏改革の必要性が浮き彫りに
[The Economist] 2018.11.15
メルケル首相が去ってもドイツの苦悩は消えない
様変わりした政治情勢、これから誰が欧州大陸の平和を守るのか
[Financial Times] 2018.11.5
「父祖の遺風」と「武士道」-ローマと日本の伝統に学ぶ
古代ローマ人に学ぶ(3)ローマと日本に相通じる精神
[ 10MTVオピニオン] 2018.10.29
ウクライナがロシアに連勝、国際司法裁判所舞台に
ロシアは半島と本土を結ぶクリミア橋を完成、ウクライナに経済圧力
[藤森 信吉] 2018.10.24
シニアスーパーマンが飛ぶフランスのエイジング産業
人生100年時代に花開く「エイジングビジネス2.0」(第1回)
[木村 靖夫、坂田 彩衣] 2018.10.19
古代ローマ史の2000年に人類史の経験の殆どがある
世界史の中のローマ史(1)人類の文明史とローマ史
[ 10MTVオピニオン] 2018.10.11
地政学と投資、中国が欧州に抱く下心
チェコが中国の「不沈空母」に? 欧州が取るべき対処法とは
[The Economist] 2018.10.10
EU離脱後の英国の行方、やっと始まった思想の戦い
労働党と保守党が描く未来像、過去と決別する重大な局面に
[The Economist] 2018.10.4
客観的理解が足りない、日本の「米欧間摩擦」議論
『アメリカとヨーロッパ 揺れる同盟の80年』が示す歴史的文脈
[新潮社フォーサイト] 2018.10.4
次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR