冷やし中華はやっぱり「日本料理」だった

蒸し暑さとおいしい水が生んだ風土料理

2011.08.12(Fri) 澁川 祐子
筆者プロフィール&コラム概要

 立秋に入り、蒸し暑さがぶり返してきた。せめて読むものくらいはサッパリしていただこうと今回、目をつけたのが「冷やし中華」である。

 キュウリの千切りに、トマト、ハム、錦糸玉子。色とりどりの具と、水でキュッとしめた中華麺を、酸味の利いた醤油ダレで食べる。あの鮮やかな色彩感覚といい、油気のなさといい、どことなく「日本的なもの」を感じる。

 なんたって、名前に「中華」とついているところからして、かなりアヤシイ。本当に中華料理であるならば、わざわざ「中華」と宣言する必要があるのか。冷やし中華は、本当に中華料理なのか。

 調べてみると、拍子抜けするくらいあっさりと「日本料理である」という結論にたどり着いてしまった。

きれいな水に恵まれた日本ならではの料理

 冷やし中華の発祥については諸説あるが、現在最も有力とされているのが、仙台市青葉区錦町で今も営業している「龍亭」発祥説である。

 時は1937(昭和12)年の秋。仙台シナ料理同業組合(現・宮城県中華料理生活衛生同業組合)の組合員たちが、店を閉めたあとに夜な夜な集まっていた。

 当時、クーラーなど冷房設備のない時代。熱くて油っこいラーメンは、冬には人気だが、暑い夏には売り上げが激減してしまう。夏にも集客できるメニューを考えられないだろうかと、初代組合長で、龍亭の店主だった四倉義雄のもとに組合員たちが集まり、夏向きの冷たい麺料理の開発に取り組んでいたのだ。

 そもそも中国では、冷たい麺料理は一般的でない。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1974年、神奈川県生まれ。東京都立大学人文学部を卒業後、フリーのライターとして食や工芸・デザインを中心に、読むこと、食べること、暮らすことをテーマとしたインタビューやルポ、書評を執筆。『森正洋の言葉。デザインの言葉。』(ナガオカケンメイ監修、美術出版社)、『最高に美しいうつわ』(SML監修、エクスナレッジ)の取材構成ほか、近著に当連載をまとめた『ニッポン定番メニュー事始め』(彩流社)がある。


食の源流探訪

日本人が日常茶飯としている定番食。あまたある食べものの中で、
なぜそれが定番になり得たのか。どのように日本化されていったのか。
「新・日本食」の源流からの流れを、歴史をひもときながら考察する。