毎日目紛しいスピードで変化していくビジネスシーンの中で、すべての仕事をパーフェクトにこなしていくのは至難の技だ。時として、ミスをしたり先方を怒らせたりと謝罪しなければならない場面に誰しもが遭遇してしまうだろう。一生懸命働いているのに、何ともツラい現実である。

  謝罪はとにかく速やかに行うことがベターである。しかしだ。あらゆることでコモディティ化が進む現代において、その謝罪も皆と同じことをしていて果たして良いのだろうか。それで誠意が伝わるのだろうか。デキるビジネスパーソンならば逆転の発想で、最上級の謝罪を行うことで信頼を取り戻しつつ絶好のアピールポイントに変えられるはず……。これは、そう思い立った1人の男がビジネスの限界に挑む物語である。

登場人物紹介 名前:ノグチアキヒロ
都内でひっそりと働く営業マン。あまりにも虚弱な体力とメンタルをカバーすべく、部長から頑丈なタブレット「TOUGHPAD(タフパッド)」を支給される。タフな相棒=タフパッドを手に取ると、ビジネスの限界に体当たりで挑むアクティブなビジネスマンに変身する!


パナソニック製の頑丈なタブレット
「TOUGHPAD FZ-G1」

  ある朝、とんでもないミスを犯したことに気が付いた。これはマズい……。とにかく部長に誠心誠意謝らなければならない。早速、謝罪のメールを書き始めたのだが、ふとした疑問が私の明晰な頭脳を過るのだった。ただメールを打つだけで良いのかと。

 デキるビジネスパーソンならば、言葉で謝るだけでは物足りない。相手に「なんと誠意のある謝罪…!これは完全に許す!というか、むしろキミが部長に昇格だ!」と思わせるくらいでなければ何の意味もないし、それこそ頭の下げ損である。そこでだ。


  滝だ。

  そう、滝、ウォーターフォールだ。禊ぎの代表格といえば、やはり“滝行“。デキるビジネスパーソンとしては、滝行の1つや2つ難なくこなせなければ話にならない。激しい水流に打たれながら「大変申し訳ありませんでした」と謝罪メールを送れば、先方にもこちらの溢れる誠意が間違いなく伝わるはずだ。そうと決まれば善は急げである。

 私はいつものように相棒「タフパッド」を片手に、颯爽と電車に乗り込んだ。どんな時でも、コイツがいると気持ちまでタフになるのが心強い。

  電車に揺られること数時間。ポータブルな相棒とともに颯爽と降り立った場所とは……


  山である。

  どう見ても、山中だ。出社方向を間違えた訳ではない。スーツ姿で100%現実から逃避しているように見えるが、決してそうではない。この秘境の中にあるという滝に打たれ、汚れた身を清めながら自ら犯したミスの禊を行い、最上級の謝罪の念を持ってメールを送るのだ。

  スーツの汚れを気にしながらも道なき道を進み、ついに目的の“取引先”へと辿り着いた。おお、これこそ贖罪の場として相応しい……
 


  滝である。

  どこからどう見ても滝だねぇ……。どうしてこんなことに……いや、当初の予定通りである。最上級の謝罪の意を伝えるために自らこの場所を選んだのだ。決してマイナスイオンを補給しに来たわけではない。
 


  スーツと滝という明らかにミスマッチな組み合わせ。
斬新だ。私は滝を仰ぎ見、(さらに5分ほど躊躇してから)意を決して入水した。
 

 
  ザブザブザブッ…!

  つ、冷た!冷たい!あ、違う違う!メールに想いを“詰めたい”=“込めたい”という意味だ!ひ、冷え!冷える!スーツを通してでも伝わる水の冷たさ!
この水流が罪深い私の身を清めてくれるはずだ!

 ザブザブザブッ…!


  ドゴァーーーーッ!!!!!!!

  ぐぎぎぎぎ……!! す、水圧がす、スゴい! ま、前が全然見えない……! め、メガネ落ちそう……! しかもうまく酸素が吸引できないんですけど…! なんか息苦しいんですけど……! な、なんか息苦しいんですけどーーーー!!!!
 

 
  ゴワワーーーーッ!!!!!!! すっご、この水量、1人占め。この水資源は今、私だけのものだーーー……ドゴゴゴォーーーーー!!!!!!!

 げ、げふぅぅぅぅーーーっっ!
 

 
  ハッ!

 しまった、本来の目的を完全に見失っていた…! 謝罪だ。謝罪の念で入水したんだった。水圧と寒さで若干意識が飛んでいたぞ! 何はともあれ、部長に早くメールを書かねば……!

 メーラーを立ち上げて……お、サクサク。会社のオフィスにいるのと変わらないスムーズな挙動だ。滝壺なう、なのに。じ、じゃあ、付属のデジタイザーペンで…… 

 
  カキカキ…カ……、ガアアアアアーーッ! す、水圧で手元がブレる……! 容赦ないな、この滝……!

 なお襲い来る“水龍”の雄叫び。先ほどから最新のデジタル技術でCG加工処理した画像みたいですが、すべて現実です。こんなにズブ濡れなスーツ姿のヤツは、映画『マトリックス レボリューションズ』で大雨の中で戦うエージェント・スミスくらいしか見たことがない。

  も、もうさっさと終わらせるぞメール…! これ以上は命があぶ……!
 

 
 「部長
   会議に寝坊して申し訳ありませんでした」

 もうコレ謝罪の気持ちが全力で伝わって、むしろ部長が私に謝罪したくなることだろう。これで確実に許してくれるに違いない。
 

 
  か、書けた……! 書けましたー! 書けましたからーー! よし、送信! 届け私の謝罪の気持ち……! じゃ、メール送ったし、私、今相当寒いんで、さっさと下山しますね!

  すると、メールを受信。部長からだ。さすがデキるビジネスパーソンは連絡が速い。今まで感じたことがないくらい心に響く謝罪で泣いてるんでしょ? 分かっていますよ部長! 滝の激しい飛沫でも全然平気なタフパッドで即確認いたしましょう!

 「どこほっつき歩いてるんだ! 早く出社しろ!滝?…仕事サボって山で行楽とはいい度胸だ。帰ったら滝壺より深い反省の時間と、その水量を超える業務の滝行が待ってるからな……!覚悟しとけ!それと、まずはメールじゃなくて電話してこい。」
 

 
  その瞬間、不思議なことに滝の轟音は聞こえなくなり、辺りを静寂が支配した。

  結局、滝行までして部長には許してもらえなかった……。どうやら違う限界を突破したようだ。許してもらうどころか、火に油注いでたっていうね。こっち水没、あっち炎上っつって。

 唇が紫に変色した私は寒さと恐怖に震えて挙動がおかしくなったが、タフパッドは滝に打たれ続けても動作性・操作性ともにまるで問題なかった。こちらが壊れかけるほど過酷な状況だったというのに、タフパッドの方が無事とは恐れ入る。まったくタフな相棒だ。
 

動画で見てみる

 

*本記事で紹介する製品の使用方法は、あくまでも実験的におこなっているものであり、パナソニックがメーカーとして動作を保証するものではありません。危険ですので真似はしないでください。

 

TOUGHPAD(タフパッド)シリーズ

TOUGHPAD FZ-G1(新モデル発売開始!)

■OS:Windows 8.1 Pro Update 64ビット(日本語版)
(Windows 7 Professional ダウングレード権含む)
■CPU:インテル® Core™ i5-4310U vPro™ プロセッサー
(インテル® スマートキャッシュ 3 MB、動作周波数 2.00GHz、
インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0利用時は最大3.00GHz)
■液晶:10.1型IPS液晶 WUXGA(1920x1200ドット)
(AR処理 静電容量式マルチタッチパネル+デジタイザー機能付き)
■ストレージ:SSD 128GB
■メモリー:4GB
■質量:約1.1kg (デジタイザーペン除く)
■駆動時間:(JEITA2.0)約9時間、(JEITA1.0)約13時間

【選べるシリーズ】
・Xi(LTE)対応ワイヤレスWAN内蔵モデル
・Windows 7 Professional 32ビットプレインストール済みモデル

 ■その他 TOUGHPAD(タフパッド)ラインアップはこちらから>> 

 

TOUGHPADでビジネスの限界に挑む!シリーズ

 ■【第2弾・防塵編】砂塵の中でも最高のプレゼンをすべし!
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42384

■【第3弾:耐衝撃編】突然のテニスでも強力なスマッシュを打ち返すべし!
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42725
 

TOUGHPAD(タフパッド)の企画記事はこちら

■『TOUGHPADを大林組に使ってもらいました!』の企画記事はこちら
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37670

■『TOUGHPADを野菜くらぶに使ってもらいました!』の企画記事はこちら
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38695

■『TOUGHPADを大川原製作所に使ってもらいました!』の企画記事はこちら
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38901

■『TOUGHPADを水道機工に使ってもらいました!』の企画記事はこちら
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39565

■『TOUGHPADをエクセル航空に使ってもらいました!』の企画記事はこちら
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39847

■『TOUGHPADをジョイフル本田に使ってもらいました!』の企画記事はこちら
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40045

■『TOUGHPADを信玄食品に使ってもらいました!』の企画記事はこちら
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40292

■『TOUGHPADを埼玉水道サービス公社に使ってもらいました!』の企画記事はこちら
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41219

■『TOUGHPADを共栄セキュリティーサービスに使ってもらいました!』の企画記事はこちら
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42316

■『TOUGHPADを日本梱包運輸倉庫に使ってもらいました!』の企画記事はこちら
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43156

■『TOUGHPADをセンチュリーコートで使ってもらいました!』の企画記事はこちら
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43340
 

TOUGHPAD(タフパッド)の開発Storyはこちら

■600グラムの壁を突き破れ!筋骨隆々・7型液晶タブレットの開発に挑んだ男たち
「TOUGHPAD FZ-M1」が現場で強いのにはワケがある
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42574

■「司令塔がふたり」の異常事態を乗り越えた世界初4K入力対応タブレット開発の舞台裏
「TOUGHPAD 4K FZ-Y1CH」は放送現場の期待に応えて誕生した
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/44370
 

■頑丈はそのままに、着脱自在で回転させても使いたい
そんな難題への挑戦が、常識を覆す頑丈ノートPCを生み出した
~デタッチャブル&コンバーチブルで軽くて薄い新型「TOUGHBOOK CF-20」誕生~
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46263
 

 

レッツノートの企画記事はこちら

■どうする?どう守る?モバイルデバイスの情報セキュリティ
~キーパーソンが本音で語る「リスク回避の現実解」~
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45980