カフェで座れる席を増やすために客ができることは?

習慣の違いから来る「空き容器の放置」問題

2018.01.19(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要

習慣の違いから来る「セルフ後片づけ」の有無

 カフェには、店員が席まで注文を聞きに来る「フルサービス店」と、客がレジスターで注文を済ませて飲食物を席まで自分で運ぶ「セルフサービス店」がある。前者では店員が後片づけもするが、後者では「セルフ」なので通常は客自身に使用済み容器の片づけが求められる。だが、日本では常識となっているセルフ店でのセルフ後片づけも、外国では習慣となっていない地域があるようだ。

 シンガポール在住の筆者の知人によると、現地のセルフサービス店のカフェでは返却口を明示していないところも多く、セルフ後片づけ率は、返却口を明示するファストフード店ほど高くはないという。セルフ後片づけがされない店では、客でなく、店の清掃スタッフがテーブル上の使用済み容器を片づけるのだ。

シンガポールのセルフサービス式のカフェにて。客が退席するとすぐ、清掃スタッフ(赤い服の女性)が使用済み容器を片づけに来る。(筆者の知人が撮影)

 海外のカフェやファストフード店などでの使用済み容器の返却法について綴られた記事を探してみると、いろいろと出てくる。

<海外のスタバでは、店員が定期的に大きなトレイ(?)を持ってきて食器やカップを回収します>*1

<こちらの人たちはスタバで後片付けはしない。(略)「置いて帰る」というのが常識らしい>(フランスや英国、2015年)*2

<ファストフード、フードコートでは片づけ係が常駐しているのでテーブルの上に食べっぱなしでOKです>(ドバイ、2015年)*3

*1http://working-asia.com/cafe/
*2http://brunchstyle.com/?p=4747
*3https://blogs.yahoo.co.jp/lovechild_luckyforever/19026991.html

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。