中国経済の急減速を織り込んでいない原油市場

貿易紛争による中国経済ハードランデイングの懸念

2018.07.06(金) 藤 和彦
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53487
  • 著者プロフィール&コラム概要

北京の高速道路。中国のバブル崩壊はすでに始まっている?

6月末のOPEC総会後、市場関係者の間で「需給が逼迫する」との見通しが優勢となり、米WTI原油先物価格は1バレル=70ドル台半ばまで上昇している(直近ではリビアの供給懸念が材料視されている)。

 その背景にあるのは、(1)OPECをはじめとする主要産油国が日量150万バレル増産するとの予想に対し増産の規模が同100万バレルにとどまったこと、(2)米国政府がイラン産原油を禁輸するよう各国に要請していたこと、などである。

 まず、OPECをはじめとする主要産油国の動向だが、6月22日の会合で日量100万バレルの増産で合意した。主要産油国は日量180万バレルの協調減産を行っているが、ベネズエラ(減産目標:197万バレル → 生産量:139万バレル)、アンゴラ(減産目標:167万バレル → 生産量:153万バレル)などの減産で実質的に280万バレルの減産となっており、今回の合意でそれを7月から同180万バレルの減産規模にまで戻すことになる。これにより足元での供給は十分となったものの、今後減少が見込まれるイランやベネズエラなどの原油生産量を補うには不十分であることから、原油価格の値上がりは長期化するとの見方が強い。

 次にイラン情勢である。WTI原油先物価格は5月に1バレル=72ドルに上昇した後、OPECが協調減産を緩めるとの観測から同65ドル前後に下がったが、6月下旬に米国が「イラン産原油の輸入をゼロにする」ことを各国に求めていることが伝わると、同74ドル台と3年7カ月ぶりの高値となった。

二兎を追うアメリカは一兎を得ず?

 イランの原油生産量が大幅に減少すると見込む米国は、サウジアラビアに対して猛烈な増産要請を行っている。これに対しサウジアラビアは6月の原油生産量を5月の日量999万バレルから同1070万バレルに引き上げ、7月には過去最高水準の日量1100万バレルにまで拡大させるとされている。

1
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »

POWERED BY

  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS

 

経済産業研究所上席研究員。1960年、愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒。通商産業省(現・経済産業省)入省後、エネルギー・通商・中小企業振興政策など各分野に携わる。2003年に内閣官房に出向(エコノミック・インテリジェンス担当)。2016年から現職。著書に『日露エネルギー同盟』『シェール革命の正体 ロシアの天然ガスが日本を救う』ほか多数。

オリジナル海外コラム

米国、欧州、中国、ロシア、中東など世界の政治経済情勢をリアルに、そして深く伝えるJBpressでしか読めないオリジナルコラム。

>>最新記事一覧へ