2017.2.20

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

藤 和彦
 経済産業研究所上席研究員。1960年、愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒。通商産業省(現・経済産業省)入省後、エネルギー・通商・中小企業振興政策など各分野に携わる。2003年に内閣官房に出向(エコノミック・インテリジェンス担当)。2016年から現職。著書に『日露エネルギー同盟』『シェール革命の正体 ロシアの天然ガスが日本を救う』ほか多数。
主要産油国の減産ゲームに飽き始めた市場 国際

主要産油国の減産ゲームに飽き始めた市場
需要の減少が減産効果を打ち消しに

国際 これまで市場では「OPECが世界的な原油供給過剰を緩和する」との楽観的な見方が大勢だった。だが、それが縮… 2017.2.17
主要産油国の思惑が外れ、原油市場は膠着状態 国際

主要産油国の思惑が外れ、原油市場は膠着状態
OPEC諸国はさらなる減産に踏み切れるか?

国際 主要産油国の協調減産は、全体として予想以上に順調に進んでいると言えるだろう。しかし「原油価格が1バレ… 2017.2.3
原油市場のニューノーマルは「不足」から「過剰」へ 国際

原油市場のニューノーマルは「不足」から「過剰」へ
減産効果を打ち消す中国やインドの需要減少

国際 「不足」というキーワードで動いてきた世界の原油市場は、今年はいよいよ「過剰」というニューノーマルに切… 2017.1.20
PR PR
2017年前半の原油市場を最も左右するのは米国 国際

2017年前半の原油市場を最も左右するのは米国
サウジアラビアでは「お家騒動」の懸念も

国際 少なくとも1月中は減産合意の成否に関する材料で原油価格が動くことになる可能性が高い。しかし今年全体の… 2017.1.13
安定は続かない原油市場、かく乱要因はこれだ 国際

安定は続かない原油市場、かく乱要因はこれだ
せめぎ合う「減産への期待」と「世界的な需要減少」

国際 市場では「来年の原油価格は1バレル=40~60ドル」と今年より安定的な値動きになるとの見方が一般的である… 2016.12.30
PR 主要産油国の減産ゲームに飽き始めた市場
需要の減少が減産効果を打ち消しに
[藤 和彦] 2017.2.17
主要産油国の思惑が外れ、原油市場は膠着状態
OPEC諸国はさらなる減産に踏み切れるか?
[藤 和彦] 2017.2.3
原油市場のニューノーマルは「不足」から「過剰」へ
減産効果を打ち消す中国やインドの需要減少
[藤 和彦] 2017.1.20
PR 2017年前半の原油市場を最も左右するのは米国
サウジアラビアでは「お家騒動」の懸念も
[藤 和彦] 2017.1.13
安定は続かない原油市場、かく乱要因はこれだ
せめぎ合う「減産への期待」と「世界的な需要減少」
[藤 和彦] 2016.12.30
パイプライン建設へ進展した日露首脳会談
エネルギー安全保障に新たな一歩、日本経済にも恩恵
[藤 和彦] 2016.12.23
PR 歴史的減産合意でも産油国を待ち受ける「茨の道」
ベネズエラの「メルトダウン」は起きてしまうのか
[藤 和彦] 2016.12.16
OPEC減産合意は効き目なし?突如「伏兵」現わる
経済成長著しいインドで原油需要に赤信号
[藤 和彦] 2016.12.9
湾岸諸国の危機感が生み出したOPEC減産合意
クウェート議会選挙が示唆する湾岸地域の政治的緊張の高まり
[藤 和彦] 2016.12.3
膨れすぎた「減産合意バブル」、弾けたらどうなるか
OPEC総会で下される“最後の審判”
[藤 和彦] 2016.11.26
トランポノミクスが招くかもしれない悪性インフレ
「世界経済の長期停滞を打破できる」の評価は正しいのか
[藤 和彦] 2016.11.19
中東産油国と縁切りをするトランプ新政権
規制緩和でシェール増産、日本への影響は?
[藤 和彦] 2016.11.18
サウジとイランの対立再燃で原油市場に暗雲
王家内で高まるムハンマド副皇太子への反発
[藤 和彦] 2016.11.11
再び沸き起こるピークオイル論で原油価格暴落
再生可能エネルギー、電気自動車分野の技術革新で石油需要が減少?
[藤 和彦] 2016.11.4
「熱移送説」が予測していた鳥取地震
東京オリンピックは防災こそがいの一番の課題
[藤 和彦] 2016.10.25
「減産協議バブル」にとどめを刺すのは中国か
原油需要の伸びが減速、不動産市場崩壊という爆弾も
[藤 和彦] 2016.10.21
シェール企業は果たして勝者なのか?
OPECの“攻撃”をかわしたものの台所は火の車
[藤 和彦] 2016.10.14
減産合意でも救えないサウジアラビアの窮状
経済は悪化の一途、国民の不満は頂点に
[藤 和彦] 2016.10.7
今度は進展?ロシアがパイプライン敷設を再検討へ
対中偏重を見直し、日本に接近したいロシア
[藤 和彦] 2016.9.29
韓国が学びたい「地震先進国」日本のお寒い現状
今こそ必要なこれまでの発想にとらわれない学説
[藤 和彦] 2016.9.22
次へ