2017.10.24

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

藤 和彦
 経済産業研究所上席研究員。1960年、愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒。通商産業省(現・経済産業省)入省後、エネルギー・通商・中小企業振興政策など各分野に携わる。2003年に内閣官房に出向(エコノミック・インテリジェンス担当)。2016年から現職。著書に『日露エネルギー同盟』『シェール革命の正体 ロシアの天然ガスが日本を救う』ほか多数。
米国がサウジアラビアを見捨てる日 国際

米国がサウジアラビアを見捨てる日
ロシアとの歴史的和解が米国の虎の尾を踏んだ?

国際 サウジアラビアとロシアの間で、「原油価格安定のための協調」の他、2国間の経済協力の拡大について様々な… 2017.10.13
原油市場を動かすのは地政学要因か、金融要因か 国際

原油市場を動かすのは地政学要因か、金融要因か
中東で高まる地政学リスク、市場ではリスクマネーが減少

国際 中東の地政学リスクが顕在化しない限り、産油国の政情不安解消などを通して原油市場は安定に向かうとみられ… 2017.9.29
ハリケーンよりも深刻な中国の原油需要の低迷 国際

ハリケーンよりも深刻な中国の原油需要の低迷
構造的な問題で原油輸入量の伸びが急速に鈍化

国際 8月下旬から2週間にわたってハリケーンに揺さぶられた原油市場だったが、「ハリケーン襲来による米国の原油… 2017.9.15
PR
PR
米国社会の混乱が原油価格の下落を招く 国際

米国社会の混乱が原油価格の下落を招く
「第2次南北戦争」の懸念が広がる

国際 8月28日の米WTI原油先物価格は1バレル=46.57ドルと約1カ月ぶりの安値となった。ハリケーン「ハービー」が2… 2017.9.1
原油市場で影響力を増す「需要」と「地政学」要因 国際

原油市場で影響力を増す「需要」と「地政学」要因
原油需要を支えてきた中国経済がいよいよ危険水域に

国際 これまで市場は「需要」サイドの情報にあまり反応してこなかった。だが、今後は原油価格の下押し圧力になる… 2017.8.18
PR
PR
PR
米国がサウジアラビアを見捨てる日
ロシアとの歴史的和解が米国の虎の尾を踏んだ?
[藤 和彦] 2017.10.13
原油市場を動かすのは地政学要因か、金融要因か
中東で高まる地政学リスク、市場ではリスクマネーが減少
[藤 和彦] 2017.9.29
ハリケーンよりも深刻な中国の原油需要の低迷
構造的な問題で原油輸入量の伸びが急速に鈍化
[藤 和彦] 2017.9.15
PR
米国社会の混乱が原油価格の下落を招く
「第2次南北戦争」の懸念が広がる
[藤 和彦] 2017.9.1
原油市場で影響力を増す「需要」と「地政学」要因
原油需要を支えてきた中国経済がいよいよ危険水域に
[藤 和彦] 2017.8.18
原油市場に現れた2つの地政学リスク
ベネズエラより怖いサウジの政変リスク
[藤 和彦] 2017.8.4
PR
OPECとシェール企業の果てしなき戦いの行方
米国産原油の輸出が急拡大、そして誰もいなくなる?
[藤 和彦] 2017.7.21
原油市場に悪影響を与え続けるトランプ政権
米国の移民取り締まり強化、脱「中東依存」で何が起きるのか
[藤 和彦] 2017.7.7
原油市場に「暴落」の兆し、防ぐ手段はあるのか
地政学リスク上昇も「後の祭り」か
[藤 和彦] 2017.6.23
地政学リスク上昇でも原油価格低迷、真因は中国か
中国当局の猛烈な金融引き締めでリスクマネーが減少
[藤 和彦] 2017.6.9
急落から高騰へ?OPEC総会後の原油価格を占う
トランプ政権も攪乱要因に、懸念される地政学リスクの高まり
[藤 和彦] 2017.5.27
原油価格急落の原因を作ったサウジアラビア副皇太子
協調減産の延長でもなくならない下押し圧力、価格上昇に望みはあるか
[藤 和彦] 2017.5.12
朝鮮半島危機は原油価格にどう影響するのか
「減産延長」観測でも下がり続ける原油価格
[藤 和彦] 2017.4.28
米国のシリア攻撃が原油価格に与えた影響とは
地政学的リスクの高まりで減産延長に暗雲
[藤 和彦] 2017.4.14
いよいよ切れた「減産ゲーム」の神通力
減産延長の動きに市場は無反応、原油価格は大幅下落の恐れ
[藤 和彦] 2017.3.31
OPECに勝利したシェールオイル、死角はないのか?
米国の原油需要が左右する原油価格の先行き
[藤 和彦] 2017.3.17
OPECが減産を延長しなければ原油価格は急落か
心中穏やかではない訪日するサウジアラビア国王
[藤 和彦] 2017.3.2
主要産油国の減産ゲームに飽き始めた市場
需要の減少が減産効果を打ち消しに
[藤 和彦] 2017.2.17
主要産油国の思惑が外れ、原油市場は膠着状態
OPEC諸国はさらなる減産に踏み切れるか?
[藤 和彦] 2017.2.3
原油市場のニューノーマルは「不足」から「過剰」へ
減産効果を打ち消す中国やインドの需要減少
[藤 和彦] 2017.1.20
次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR