機能性表示食品に早くも安全性の問題が浮上

突きつけられる制度の矛盾、国は制度形骸化の歯止めを

2015.06.05(Fri) 白田 茜
筆者プロフィール&コラム概要

トクホとの“線引き”が曖昧、実質は許可制に

 新制度に対応できない“いわゆる健康食品”は淘汰されていく可能性があることは、2014年5月の記事「後を絶たない健康食品の被害、消費者庁が管理強化へ」でも述べた。

 新制度が解禁される前日の今年3月31日に、消費者庁は「機能○○食品」など紛らわしい表現を使ってインターネットで商品を販売していた25業者に、表現を改善するよう文書で要請した。消費者庁が3月末にインターネットで調査したところ、25業者が野菜やサプリメントなど計31品目で紛らわしい表現を使っており、健康増進法に違反するおそれがあると判断したという。

 今回の機能性表示食品の対象を、臨床試験か研究レビューという科学的根拠のある食品に限ったことや、販売後ではなく「販売前60日前に届出」にしたことは、これまでの健康被害の反省を踏まえてのことかもしれない。新たに機能性表示制度をつくることで、消費者が科学的根拠のある健康食品を選択することが期待されていた。

 だが、機能性表示制度は届出制になっているため、科学的根拠の乏しいものを排除することはできない。かといって、安全性や有効性に関する情報の審査が形式的なものになってしまえば、届出制度が形骸化するおそれがある。やはり歯止めは必要だろう。

 消費者庁は5月27日、内閣府の食品安全委員会や消費者委員会が安全性を疑問視した製品や成分を事業者が届け出た場合、受理しないようガイドラインを改正する方向で検討に入った。

 健康食品市場には、国が安全性と機能性を審査するトクホがすでにある。そこに個別審査が不要な機能性表示食品が加わったことで、消費者の混乱を招きかねない。過去に公的機関が安全性について疑問を呈した機能性表示食品は受理しない、ということになると「個別審査はしない」とされた前提が揺らぐことにもなる。実質的に許可制のような運用が一部でみられ、わざわざトクホと異なる制度を作った意味があるのかという意見もある。

 食品の機能性表示は早くも制度の矛盾を突きつけられている。

いかがでしたか?
JBpress をブックマークしましょう!
Twitterで @JBpress をフォローしましょう!
Facebookページ に「いいね」お願いします!

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1978年佐賀県生まれ。佐賀県庁で食品のブランド化に関わる。その後、大学院で農業政策や食品安全に関するリスクコミュニケーションを学ぶ。食品コンサルタント会社を経て、現在は社会的関心が高い科学ニュースについて専門家のコメントを収集しジャーナリストに提供する活動をしている。関心のあるテーマは、農業、食品流通、食品安全、リスクコミュニケーション。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。