まだまだ“甘口”、
日本のレストラン認証制度は夜明け前

外食産業はもっと食材の情報開示を

2014.11.07(Fri) 白田 茜
筆者プロフィール&コラム概要

 本来の意味でのハラルはかなり厳格だ。例えば、豚肉を切った包丁で食材を切らない、豚肉由来の調味料を使わない、といったように、原材料はもちろん、調理の工程でも混入しないよう管理しなければならない。

 しかしながら、ハラルは世界的な統一基準が存在しないため、認証機関によって異なるレベルで認証を与えているのが実情だ。

日本にはない「オーガニック認証」レストラン

 安全・安心な食のニーズが高まる昨今、各地で「オーガニックレストラン」が散見される。オーガニックとは有機栽培のことだ。日本では、そもそもオーガニックレストランの基準はなく、レストランが各々の判断で「オーガニック」と自称している雰囲気すらある。

 そもそも日本では、有機農産物の国内総生産量に占める割合は0.18%程度に過ぎない。化学肥料や農薬を使用しない有機農業は、労働時間が長い割に収穫量が少ないためだ。有機食材の調達が難しいため、レストランのすべての原材料をオーガニックにすることは難しい。「オーガニック」とうたっているレストランには、完全なオーガニックではなく、なるべくオーガニックな食材を使うにとどまっている店もあると考えられる。

 日本にはまだないが、海外には「オーガニック認証」のレストランもある。

 イギリスにはオーガニック認証団体の「英国土壌認証協会(Soil Association Certification limited、以下「SAC」)」がある。レストランがオーガニックと認証されるためには、どういった基準をクリアする必要があるのだろうか。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1978年佐賀県生まれ。佐賀県庁で食品のブランド化に関わる。その後、大学院で農業政策や食品安全に関するリスクコミュニケーションを学ぶ。食品コンサルタント会社を経て、現在は社会的関心が高い科学ニュースについて専門家のコメントを収集しジャーナリストに提供する活動をしている。関心のあるテーマは、農業、食品流通、食品安全、リスクコミュニケーション。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。