神事にしきたり、ワカメと絡み合う日本人の食生活

日本の縁深き海藻、その歴史と現在(前篇)

2019.02.08(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要
コンブ目の海藻、ワカメ。生で、あるいは乾燥したものを水で戻して食べる。

 四方を海で囲まれた日本は「海の幸」に恵まれてきた。魚介類だけでなく、海の中に茂る海藻もまた、日本人の食を支えてきた。

 とりわけ私たちに縁の深い海藻といえば「ワカメ」だ。主産地は日本列島周辺で、海外では天然ものは朝鮮半島や遼東半島周辺に限られる。海藻を意味する「布(め)」という語は、同時にワカメのことも指していたという。味噌汁、酢の物、煮物の具と、今も食べる機会は多く、「海の野菜」が食を彩っている。

 今回は、そんなワカメをテーマにその歴史と現状を迫ってみたい。前篇では、漁や食の歩みを追いながら、日本人が「ワカメの価値」をいかに大切にしてきたかをあらためて感じたい。後篇では、そのワカメにさらなる価値を与えるような、先端科学を用いた養殖技術の開発に目を向けてみる。

神事やしきたりの対象となってきた

 日本人がワカメの価値を大切にしてきたことは、神事や漁のしきたりなどからうかがえる。

 現在も北九州から山陰地方にかけての神社で執り行われている「和布刈神事(めかりしんじ)」はその代表例だ。ワカメは旧暦正月の頃、自然に芽を出しては茂っていくため、幸福を招くとして神聖視されてきた。福岡県北九州市門司区の和布刈神社では、旧暦の元日が開けると雅楽を奏で、豊年神楽を舞う。その後、神職たちが松明の灯りを頼りに海でワカメを刈り、神前に供える。今年も先日2月5日未明に神事が営まれた。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。