体の中の“庭師”、腸内細菌の多様性を維持する方法

考究:食と身体(8)農耕の神セレス篇

2018.11.30(Fri) 大平 万里
筆者プロフィール&コラム概要
大腸をはじめとする腸管には、多種多様の細菌が生きており、その“役割”も徐々に明らかになってきた。アイコンは農耕の神セレス。

 私たちは「食」の行為を当然のようにしている。では、私たちの身体にとって「食」とは何を意味するのだろうか。本連載では、各回で「オリンポス12神」を登場させながら、食と身体の関わり合いを深く考え、探っていく。
(1)主神ジュピター篇「なぜ食べるのか? 生命の根源に迫る深淵なる疑問」
(2)知恵の神ミネルヴァ・伝令の神マーキュリー篇「食欲とは何か? 脳との情報伝達が織りなす情動」
(3)美と愛の神ヴィーナス篇「匂いと味の経験に上書きされていく『おいしい』記憶」
(4)炉の神ヴェスタ篇「想像以上の働き者、胃の正しいメンテナンス方法」
(5)婚姻の神ジュノー篇「消化のプレイングマネジャー、膵臓・肝臓・十二指腸」
(6)狩猟の神ディアナ篇「タンパク質も脂肪も一網打尽、小腸の巧みな栄養吸収」
(7)戦闘の神マーズ篇「腹の中の“風林火山”、絶えず流れ込む異物への免疫」

「私たちの体は庭のようなもので、私たちの意志の力は庭師のようなものだ」

 これは人間の情動の作用について、シェイクスピアが『オセロ』の中で使ったセリフである。筆者はこのセリフを思い出すとき、猫の額ほどの自宅の庭のことが頭に浮かんでしまう。庭を美しく維持するのはどれだけ狭かろうが、日々のたゆまぬ手入れが必要で、気を緩めれば園芸品種以外の何種類もの植物(雑草)が繁茂し始めてすぐにジャングルと化す。人間も庭も、易きに流れ自然へ還ってゆくのだ。

私たちの体には「庭」がある

『オセロ』のこのセリフ、現代医学においては単なる比喩ではない。というのも、私たちの表皮、口腔、腸管などは実際に微生物にとっての「庭」だからである。特に腸管は常に約37℃に保たれ、水分も栄養分も途絶えることがなく、まさに細菌を増やすのに適した庭ないし農場といえる。それゆえに、腸管には1000種類以上の細菌が、100兆から1000兆匹もいるらしいことが分かっている。これはヒトの体の細胞の数よりも何十倍も多い。

 私たちは意図しないところで、いつのまにか大量の細菌を腸管で培養(栽培)しているのである。

 栽培とくれば、やはり農耕の神「セレス」が登場することになろう。セレスは普段は温厚な神であるが、怒らせると人々に飢餓をもたらす。セレスの娘プロセルピナが冥界の神プルートに誘拐された際には、天界から地上へ隠遁し、大地はすっかり荒廃してしまった。セレスは栽培や食料生産にもっとも関係の深い神である。

 さて「いつのまにか増殖している」という言い回しから、腸内の細菌は庭における雑草のような「無用な存在」の印象を与えたかもしれない。しかし、まったくそんなことはない。腸内の多種多様な細菌は、私たちの身体機能と切っても切り離せない関係にある。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1964年東京生まれ。生物・化学系ライター。熊本大学理学部生物学科卒業。北海道大学理学研究科博士課程修了。博士(理学)。旧工業技術院(現・産総研)、秋田県立農業短大附属属研究所などの流動研究員、高校教諭等を経て現在に至る。最近はその辺に転がる岩石の来歴が気になってしょうがない。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。