消化のプレイングマネジャー、膵臓・肝臓・十二指腸

考究:食と身体(5)婚姻の神ジュノー篇

2018.08.31(Fri) 大平 万里
筆者プロフィール&コラム概要
消化のシステムで調節の許容範囲を超えてしまうと、ときに十二指腸潰瘍などの深刻な病気になることも。アイコンは婚姻の神ジュノー。

 私たちは「食」の行為を当然のようにしている。では、私たちの身体にとって「食」とは何を意味するのだろうか。本連載では、各回で「オリンポス12神」を登場させながら、食と身体の関わり合いを深く考え、探っていく。

(1)主神ジュピター篇「なぜ食べるのか? 生命の根源に迫る深淵なる疑問」
(2)知恵の神ミネルヴァ・伝令の神マーキュリー篇「食欲とは何か? 脳との情報伝達が織りなす情動」
(3)美と愛の神ヴィーナス篇「匂いと味の経験に上書きされていく『おいしい』記憶」
(4)炉の神ヴェスタ篇「想像以上の働き者、胃の正しいメンテナンス方法」

 表と裏、外側と内側を、常に正しく判別するのは案外と難しいものである。それは靴下を裏返しに履いたり、軍手の外側と内側が曖昧になったりした経験のある人であれば、なんとなく同意できるのではないか。

 人体の外側と内側もそうである。「さすがにそれは間違えない」と思った人は、胃や腸が「外側」なのか「内側」なのか、自信をもって答えられるだろうか。

「部外者」の食べ物を消化で「身内」にする

 飲み込まれて胃や腸に入ったものは体内にあるような気もするが、単に外から見えないだけである。胃や腸は口腔から空間的に外部とつながっており、実はまだ体内ではない。体内に入っていないが故に吐き出すこともできるし、緊急時には胃洗浄もできる。そして、ブドウの種など消化されないものは肛門からそのまま出てくる。

 ほとんどの食べ物は身体にとっては「部外者」なのであり、特に三大栄養素のタンパク質、炭水化物、脂肪を「身内」として体内で活躍させるには、「消化」という過程が不可欠なのである。

 第1回「なぜ食べるのか? 生命の根源に迫る深淵なる疑問」でも書いたように、「消化」とは「消化酵素(アダマスの剣)によって食物を分解し、細胞膜を透過できる状態にする」ことである。消化酵素は、胃や小腸でも分泌されているが、消化の全体像から見て重要な役割を持つのが、膵臓と肝臓および十二指腸だ。

 ここで、膵臓と肝臓および十二指腸の象徴として、婚姻の神「ジュノー」を登場させることにしよう。

 ジュノーは神々の女王であると同時に、ジュピターの妻でもあるから、当然「アダマスの剣」(消化酵素)を使えるだろう。ジュノーはまた、多数の怪物を使役するし、情報収集能力にも秀でている。そして、嫉妬深さも激しく、ジュピターの浮気などに対して過激な実力行使に出ることもある。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1964年東京生まれ。生物・化学系ライター。熊本大学理学部生物学科卒業。北海道大学理学研究科博士課程修了。博士(理学)。旧工業技術院(現・産総研)、秋田県立農業短大附属属研究所などの流動研究員、高校教諭等を経て現在に至る。最近はその辺に転がる岩石の来歴が気になってしょうがない。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。