摂らなさすぎにも注意、1日に必要な食塩の量は?

適度な塩分摂取で夏を乗り切る

2018.08.03(Fri) 佐藤 成美
筆者プロフィール&コラム概要
熱中症対策には、水分とともに塩分の摂取も重要とされる。

 連日、猛暑が続き、熱中症が心配される。熱中症対策には水分と塩分の補給が必要といわれるが、一方で、塩分を摂りすぎてしまうことはないのだろうか。

熱中症対策には水分と塩分を

 今年の夏は暑さが厳しい。埼玉県熊谷市でついに国内最高記録の41.1℃を記録し、東京都心でも38℃を超えた。巷の会話はまずは「暑いですね」から始まる。この暑さがいつまで続くのか、辟易している人も多いことだろう。

 そんな猛暑の中、熱中症で病院に運ばれるどころか、死亡する人までも増えている。

 熱中症とは、温度や湿度の高い場所に長くいると、体温の調節機能がうまく働かなくなり、頭痛や吐き気、めまいなどの症状が出ることをいう。体内では熱を作ったり、その熱を放出したりして、体温を維持している。たとえば、激しい運動をしたり高温の場所に長くいたりすると体温が上がるが、体の表面を流れる血液の量を多くし、汗をかくことで、熱を逃がして体温を維持しているのだ。

 熱中症でめまいや立ち眩みが起こるのは、体内に流れる血液の量が少なくなったために血圧が低下し、脳に十分な血液が送られなくなるためだ。また、汗を激しくかくと、水分とともに汗に含まれる塩分も失われる。すると、体内の水分や塩分のバランスが崩れる。頭痛や嘔吐、倦怠感などは脱水によるもので、また筋肉がつったり、けいれんが起こったりするのは筋肉の収縮を調節する塩分の不足による。熱中症の対策に水分と塩分の補給が必要なのはそのためだ。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

サイエンスライター、明治学院大学非常勤講師(生物学)、農学博士。食品会社の研究員、大学の研究員、教員などを経て現在に至る。研究所の広報誌やサイトなどにも原稿を執筆している。著書に『「おいしさ」の科学』(講談社ブルーバックス)『お酒の科学』(日刊工業新聞社)など多数。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。