運動直後が効果的! 糖質補給でグリコーゲンの回復を

運動後の栄養補給の考え方(前篇)

2018.10.12(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要
運動後の栄養の補給方法が、その後の身体の回復などに影響を及ぼすという。

 試合でよい結果を出す。体力を高める。肥満を解消する。「運動」をしている人にとって、その目的はさまざまだ。運動前は、今日は運動するぞと心の準備をし、運動中は集中したり楽しんだりしながら充実した時を過ごす。

 一方で「運動後」のことについては、解放感もあってか、さほど意識が向かないという人も多いのではないか。運動をすれば確実にエネルギーは減るのだから、栄養補給は大切なはず。そんな「栄養の摂り方」について、どれだけの人が気を使っているだろうか。

 運動後の栄養補給の大切さや、効果的な栄養補給の方法を知れば、運動後の飲食にもより意識が向くのではないか。こうした考えから、今回は「運動後の栄養補給」について目を向けたい。

 話を聞いたのは立命館大学の総合科学技術研究機構で専門研究員を務める東郷将成(とうごう・まさなり)氏だ。2018年8月まで所属していた酪農学園大学大学院では、運動後の栄養補給の方法について研究し、博士号を取得した。また、以前より管理栄養士として数々のアスリートの栄養補給をサポートしてきた。

 前篇では東郷氏に、そもそも運動後に栄養を補給することがいかに大切かを聞く。そして後篇では、運動の目的に照らし合せた栄養補給の方法について聞くことにしたい。

運動でエネルギー源の筋グリコーゲンが利用され・・・

――運動した後の、私たちの体内ではどんなことが起きているのでしょう? 

東郷将成氏(以下、敬称略) 私たちのエネルギー源として「3大栄養素」と呼ばれる、糖質、脂質、タンパク質が挙げられます。このうち、運動をしたときには、主に糖質と脂質が消費されます。消費される割合は、運動様式や時間によってさまざまです。

――糖質と脂質では、運動によってどちらのほうが多く利用されるのでしょうか?

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。