日本のスポーツ文化の振興をデータから考える

「手軽な」プロテインがスポーツ文化を変える

2018.11.19(Mon) 町田 誠
筆者プロフィール&コラム概要
日本のスポーツ文化振興のカギは?

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックが近づきつつある中、それと歩調をそろえる形でスポーツ文化の振興が叫ばれている。

 スポーツ庁は第2期スポーツ基本計画でスポーツ参画人口やスポーツ市場の拡大をうたっている。目標値として、前者は週1回以上スポーツに取り組む人の割合を65%に、後者の市場規模は15兆円まで拡大すると設定した。

 しかし、現状として我々はスポーツにどれだけ取り組めているだろうか。たとえば、スポーツに取り組んでいる時間は、1日あたりどのくらいだろうか。データを見ながら振り返ってみたい。

働き方の変化がスポーツ振興のカギに

 総務省「平成28年社会生活基本調査」によると、日本人がスポーツに使う時間は、1日あたり平均14分。もちろん、スポーツに日常的に取り組んでいる人とそうでない人での差は大きく、あくまで平均としての値だが、比べてみてどう感じるだろうか。

 また、世代別に見てみよう。厚生労働省「平成29年 国民栄養・健康調査」では、「運動習慣(週2回以上)のある者」の割合は、男性では30代、女性では20代が最も低い。

 その理由はさまざまだろうが、容易に想像できるのは時間的な余裕のなさだろう。実際に、スポーツ庁の「スポーツの実施状況等に関する世論調査」(平成29年度)では、1年前と比べて運動・スポーツの実施頻度が減った、または増やせない人に理由を聞いたところ、「仕事や家事が忙しいから」を挙げた人が39.9%(複数回答可)で最も高かった。

 しかし、仕事の忙しさを巡る状況も変化しつつある。総実労働時間は、全国・東京とも2012年から緩やかに減少しているのだ(「東京都スポーツ推進総合計画」)。さらに、昨今の働き方改革の影響もあり、今後はより自由に使える時間が増えていくだろう。

 先の「スポーツの実施状況等に関する世論調査」の裏返しになるが、運動・スポーツの実施が増加した理由としては、「仕事が忙しくなくなったから」を挙げた者の割合が23.8%(複数回答可)で最も高い。スポーツの実施状況と時間の余裕とは、深い関係がありそうだ。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

フリーライター。ライフスタイル分野を中心に、社会の動向から趣味の話まで幅広く取り扱う。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。