森林の“厄介者”が生み出した新たな食材ビジネス

美味しいタケノコと悩ましきタケ(後篇)

2018.04.20(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要
タケノコ。毎年、タケの地下茎から生えてくる。

「タケノコ」をテーマに、日本人との関わりを辿っている。前編では、日本でタケやタケノコが広まったのは意外と新しいといった歴史を紐解くとともに、モウソウチクなどの外来種が拡大の一途をたどっている状況にも触れた。

 放っていてもタケノコが生えてくる。森林や里山を蝕むタケの問題に打つ手はないだろうか。

 問題解決の期待を抱かせる取り組みが、愛媛県内で行われている。タケノコを「乾(ほし)タケノコ」にして多様な食材にする産業が育ちつつあるのだ。厄介者のタケノコを有効利用でき、増え続けるモウソウチクの抑制にもつながる一石二鳥の産業になっていくかもしれない。大洲市で乾タケノコづくりの第一人者に話を聞いた。

昔から保存食だった「乾タケノコ」を出荷

上川勝利(うえがわ・かつとし)さん。1944年、愛媛県大洲市生まれ。標高500mの山間地で40年にわたり建設業などのかたわら農業を営む。乾タケノコのほか、乾(ほし)シイタケや夏秋キュウリも生産する。2017年の第26回愛媛農林水産賞では奨励賞を受賞。

 愛媛県はタケノコ生産量全国9位。他県と同様、タケノコなどの資源としてタケを利用する以上にタケが生えている。2015年に4400haだった県の竹林面積は、2030年には1万3000haにまで拡大するという計算もあるという。

 愛媛県大洲市で農業などを営む上川勝利さんは、「昔は植林のほうが多かったのですが、モウソウチクが旺盛に増えていき、林に田畑にどんどん広がってきました」と話す。「家の床下から伸びてくるものもある。場所を選びませんからね」。

 採り切れないタケノコを眺めている中、上川さんは子どもの頃、一家が伸びたタケノコを切って湯がいて乾かして、保存食にしていたことを思い出した。「なんとかならないかと。それが始まりでした」。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。