「タイ料理といえばパクチー」は日本人の幻想だった

体調でハーブを使い分けるタイの“香草大国”ぶり

2018.04.06(Fri) 佐藤 成美
筆者プロフィール&コラム概要
タイのバンコク市内の屋台では多様な香草(ハーブ)や野菜が並ぶ。

 パクチーサラダやパクチー餃子など、パクチーを使った料理が人気だ。パクチーはエスニック料理に使われる香草(ハーブ)だが、その本場のタイでは日本のようにパクチーを食べないと耳にした。はたして本当にそうなのか。タイに行く機会を得たので、タイ人の食生活を探ってみた。

パクチー嫌いなタイ人も

 ここ数年、日本ではパクチーがブームだ。独特の香りに嫌いな人も多いが、一度好きになるとやみつきになり、「パクチニスト」と呼ばれるほどの虜になるとか。

 パクチーとはセリ科の1年草で、パセリに似ているが、香りはまったく異なる。タイ料理やベトナム料理などのほか、中華料理にも使われ、中国ではパクチーのことを「香菜(シャンツァイ)」ともいう。

 日本では、実や葉を乾燥させたものを胡荽(こすい)あるいはコリアンダーと呼ばれるスパイスとして使うことはあったが、パクチーを生で食べることはほとんどなかった。エスニック料理のレストランの増加とともに、日本人の食生活にもパクチーが浸透してきた。

「タイでは、パクチーは日本のシソやパセリみたいなもの。パクチーが嫌いなタイ人も結構いて、わざわざよけて食べる人もいます」と、タイに5年ほど在住している外谷佳苗さんは話す。パクチーはタイ料理の象徴のようなものと思っていたが、そこまでではないようだ。たしかにあらゆる料理でパクチーを見かけたが、数種類の香草ととともに入っていて、パクチー山盛りの料理は見かけなかった。

 そこで、タイ人のピンさん(本名はニティヤー・ジャーヘムさん。タイでは普段は愛称を使う)に日本のパクチー料理のことを話すと、「パクチーはいろいろな料理によく使われるが、そんなにパクチーばかりを食べることはない」と驚いていた。

「パクチーファランもよく食べますよ」とピンさんは続ける。「パクチーファラン」はパクチーと同じセリ科の植物で「オオバコエンドロ」ともいう。細長い葉で、見た目はだいぶパクチーと異なるが、パクチーのような香りを強く感じる。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

サイエンスライター、明治学院大学非常勤講師(生物学)、農学博士。食品会社の研究員、大学の研究員、教員などを経て現在に至る。研究所の広報誌やサイトなどにも原稿を執筆している。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。