食で花粉症対策、「効いてる」と思えば効果あり?

アレルギー性鼻炎に対する食の民間療法(後篇)

2018.03.16(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要

漢方薬「小青竜湯」の治療効果は認められている

――漢方による花粉症治療についてはいかがでしょうか?

五十嵐 私自身は診療ではあまり処方はしていませんが、漢方薬も「鼻アレルギー診療ガイドライン」では適用の対象となっています。

――「小青竜湯」(ショウセイリュウトウ)という漢方薬は、アレルギー性鼻炎に対してよく使われているようですね。

小青竜湯。麻黄、芍薬、乾姜、甘草など、複数の薬草の成分が配合されている。「医薬品」と記されている製品は、食品でなく医薬品として扱われる。

五十嵐 小青竜湯については、日本医科大学の松根彰志先生が2017年に『アレルギー・免疫』に寄稿した記事「セルフケアの効果検証」で「小青竜湯は漢方薬の中で、唯一ランダム化試験で有効性が示されている薬剤である」と記述しています。

 一般的に、小青竜湯は鼻粘膜の血管を収縮させて鼻づまりなどを改善する効果があるとされています。漢方ではない抗ヒスタミン剤などと併用して使われることもあります。また、一般の風邪薬にも入っています。

 ただし、松根先生は「作用機序については不明な点も多い」とも言及されています。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。