ところで、本書を読んでいて何より驚かされるのは、その議論の「細かさ」だろう。著者は自説を展開するうえで、じつに多くの証拠や知見をつぶさに検証している。はっきり言って、その細かさには、読んでいて泣き言を言いたくなることもあるほどだ。

 しかし裏を返せば、著者はそれだけ緻密で、堅固で、具体的な議論を展開しているのである。ただ単に、壮大なストーリーを熱っぽく語っているのではない。それと同時に、それを裏づける冷静かつ緻密な論拠をしっかり提示してもいる。冒頭でも触れたように、そのふたつの要素が見事に両立していることにこそ、ほかにはなかなか真似できない本書の魅力があると言えるだろう。

 とにもかくにも、どうかこのレビューを読んで満足などしないでほしい。分量からしても難易度からしても、登るべき山はたしかに険しい。ただ、それだけに登り終えたときの悦びは格別であるし、また、頂上から見渡せる景色はやはり美しい。ぜひあなたにもその悦びと美しさを味わってほしいと思う。

※図版提供:筑摩書房

 今回の本のタイトルを見て、ジャレド・ダイアモンドのこの本を思い起こした人も少なくないかもしれない。証拠を積み重ねながら歴史の大きなうねりを炙り出すという魅力は、たしかに今回の本と共通するものであろう。

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
作者:ジャレド・ダイアモンド 翻訳:倉骨彰
出版社:草思社
発売日:2012-02-02

 

文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
作者:ジャレド・ダイアモンド 翻訳:倉骨彰
出版社:草思社
発売日:2012-02-02

 

澤畑 塁
1978年生まれ。専門書出版社に勤務。営業職。大学では哲学を専攻していたものの、最近の読書はもっぱらサイエンス系。ふたりの子どもと遊ぶ時間のため読書時間は半減しているが、それはそれでわるくないと感じている昨今。

◎こちらもおススメ!
『秘録イスラエル特殊部隊~中東戦記1948~2014』でイスラエルの裏面史が見えてくる
『PRE-SUASION: 影響力と説得のための革命的瞬間』 説得上手な人たちは事前に何をしているのか
『戦争の物理学』戦史と物理学の歴史の見事な融合
『予期せぬ瞬間 医療の不完全さは乗り越えられるか』 医者と医療にまつわる不完全と不可解と不確実
『ムハンマド 世界を変えた預言者の生涯』