原油価格70ドルが生命線、苦境のサウジの秘策とは

“あの新技術”に白羽の矢、国内の軍需産業育成も急務

2018.03.02(金) 藤 和彦
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52468
  • 著者プロフィール&コラム概要

サウジ首都で初の国際ハーフマラソン、優勝賞金2900万円

サウジアラビアの首都リヤドで開催された同国初の国際ハーフマラソン大会の参加者ら(2018年2月24日撮影)。(c)AFP PHOTO / Fayez Nureldine〔AFPBB News

2月上旬の世界同時株安の影響を受けて1バレル=60ドル割れしていた米WTI原油先物価格は、米国の株式市場の落ち着きとともに同60ドル台に回復している。

 世界の原油市場では、米国のシェールオイルの増産傾向が続いているものの、好調な世界経済がもたらす原油需要の拡大期待や、OPECをはじめとする主要産油国の協調減産が原油価格を下支えするという構図が相変わらず健在である。

 通常、米国ではこの時期、冬場の燃料油需要が縮小するため原油在庫が増加するが、昨年(2017年)末に発生したキーストーンパイプラインの原油漏れ事故の影響で、カナダから米国への原油輸出が減少していることがオクラホマ州クッシングの原油在庫の予想外の減少をもたらし、WTI原油価格の堅調さに寄与している。

仮想通貨で資金調達するベネズエラ

 資金不足に悩むベネズエラの減産も米WTI原油価格のじり高要因となっている。

 ベネズエラの1月の原油生産量は前年比20%減の日量160万バレルと過去30年で最低水準となった。国営石油会社PDVSAは給料をまとも支払うことができず、大量の従業員が退職する懸念が高まっている(2月15日付OILPRICE)。

1
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »
  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS

 

経済産業研究所上席研究員。1960年、愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒。通商産業省(現・経済産業省)入省後、エネルギー・通商・中小企業振興政策など各分野に携わる。2003年に内閣官房に出向(エコノミック・インテリジェンス担当)。2016年から現職。著書に『日露エネルギー同盟』『シェール革命の正体 ロシアの天然ガスが日本を救う』ほか多数。

オリジナル海外コラム

米国、欧州、中国、ロシア、中東など世界の政治経済情勢をリアルに、そして深く伝えるJBpressでしか読めないオリジナルコラム。

>>最新記事一覧へ