神村学園は今回の提携によって、通常の甲子園を目指す野球部と、通信制を使って和歌山で学ぶ、2つの野球部を持つことになる。

プロ野球経験者による指導も

 この提携によって、これまで禁じられてきたプロ野球経験者による高校生への直接指導ができるようになる。

 なぜプロ野球経験者が高校生の指導ができなくなっているのかというと、戦前は学生とプロとの交流戦は自由にできたが、1932年に政府から野球統制令が出て学生の本分は勉強だということでプロとの交流戦を禁じられたところから始まっている。

 戦後、野球統制令はなくなったが、1958年に大阪明星高校が元松竹ロビンズの真田重蔵を野球部監督して招き、真田は1963年同校野球部を甲子園で優勝させた。これが高校生の教育としていかがなものかと批判する大新聞があり、その批判を受けて学生がプロ野球経験者から指導を受けることを禁じられたのである。

 兵庫ブルーサンダーズの代表、高下は大学野球部から四国の独立リーグ球団である香川オリーブガイナーズに入り初めてプロの指導を受けた時のことが忘れられない。高下自身はプロ野球には上がれなかったが「もし自分がもっと早くからプロの指導を受けられていたなら、自分もプロ野球に上がれたかも知れない」と思うほどに実践的だったのだ。

 だからこそ、自分にできなかったプロ野球選手になるという夢を持つ学生たちに、自分が求めていた環境を与えてやりたい。また、野球を続けたいが、さまざまな理由で高校野球部を去らねばならなかった球児たちに続けられるチャンスを与えたかった。そう思って始めたのが芦屋学園との提携による兵庫ブルーサンダーズ育成軍である。

 育成軍はNPB(日本プロ野球)との交流戦も行い、プロと自分たちの差を目の当たりにすることもできる。そうした環境が生徒の向上心を刺激するのは想像に難くない。育成軍を始めて2年目で結果を出したことが、今回提携する2校の背を押したのだろう。

 11月7日に行われた記者会見では、向陽台高校の井上副校長と神村学園の神村理事長が出席したが、今回の提携に魅力を感じた理由が違うのが興味深かった。