向陽台高校の井上副校長は、兵庫ブルーサンダーズが野球による教育で地域を担う人材の育成に力を入れているところに魅力を感じているという。今の高校生は年代の違う人と交流するのが先生と親だけになりがちだ。この提携によって年代の違う「大人」と交流することで生徒が社会性を早くから身に付けられることに期待を寄せた。

 神村学園の神村理事長は、同校は15年で何度も甲子園に出たが、自校のみならず、他校でもプロになれる人はごくわずかである現実に忸怩たる思いを抱いていたようだ。これまでとは違う「新しいスタイル」の選択肢を持つことで、生徒の夢が実現できる可能性が増えることを素直に喜んでいるように見えた。

全ては学生の可能性を広げるため

 最後に1つ、今回の記者会見は大阪の近畿医療専門学校で行われたが、この学校も野球チームを持ち、今回の提携に参加する。

 同校の小林理事長によれば、生徒に野球をしていた者が比較的多く、野球を続けさせてやりたいと思ったのと、もしケガなどで野球ができなくなった時にはスポーツトレーナーなどでプロスポーツと関わっていけることから提携を決めたと言う。

 多くのプロをサポートする人材を育成してきからだろう。同校玄関には、オリンピックのトレーナーなど、同校卒業生がサポートしたとおぼしき多くのスポーツ選手のサインやユニフォームが飾られている。

近畿医療専門学校の玄関

 独立リーグであるBFLが核になって、これまでにはなかった選択肢を用意して「成功の道は1つではない」を実現しようとしている。全ては学生の可能性を広げるために多くの大人が共同歩調をとるのは、見ていて気持ちの良い記者会見であった。