研究で実証、目の下のクマには甘酒が効く

暑い季節に熱い甘酒の話(後篇)

2016.07.22(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要
甘酒。現代では暑い季節に「冷やし甘酒」という飲み方も。

「甘酒」をテーマに、その歴史と科学を見ている。

 前篇(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47350)では、夏の季語という事例が示すように、かつて甘酒が「夏の飲みもの」だったという経緯を探った。江戸では、鰻を夏の盛りである「土用丑の日」に食べるようになったのと時を同じくして、甘酒も「夏の飲みもの」への転換が図られたといった歴史を追った。

 たとえ夏であっても、甘酒を飲む。そこには、人々の「栄養満点で滋養強壮に効果あり」という直感があったのだろう。そして現代になり、そうした直感は科学的な観点で裏づけられつつある。

 そこで後篇では、甘酒の体に対する健康効果の研究成果を紹介したい。話を聞いたのは、甘酒飲料のシェアでトップを行き、甘酒に関する研究にも力を入れる森永製菓だ。ストレス抑制の効果や、皮膚に対する健康効果などが明らかになっているという。

“夏バテ”軽減効果で「飲む点滴」の面目躍如

 夏に甘酒を飲む習慣は、江戸時代中期から少なくとも昭和時代の初期ごろまで長く続いた。単なる一時的流行に終わらず、百数十年間もこの食習慣が続いていたのは、人々が甘酒による「暑気払い」などの効果を感じていたからではないだろうか。

 実際、そうした直感に合致するような研究成果が出ている。森永製菓は2013年6月、暑さからのストレス回復を早める「夏バテ回復」の効果が甘酒にあるということを発表した。

 この研究では、マウス20匹を5日間、31℃という真夏の状況下で過ごさせた。その間、マウスに餌と水を自由に摂らせたほか、10匹には甘酒を、残りの10匹には水を等量、定期的に与えた。そして、その後の「甘酒摂取群」マウスと「水摂取群」マウスの状態や行動の違いを調べたという。

 研究を主導した、森永製菓の稲垣宏之氏はこう話す。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。