溶けゆく氷を使っていた大正・昭和の冷蔵庫

変わるキッチン(第15回)~冷やす(後篇)

2015.07.31(Fri) 澁川 祐子
筆者プロフィール&コラム概要
食べものの冷却や貯蔵に使われる道具「冷蔵庫」も、かつては氷で冷やす方式が採用されていた。

 朝廷へ、江戸時代になってからは幕府へと、時代の権力者たちに献上されてきた氷。前篇『清少納言も賛美した夏の涼「氷」』で述べたように、江戸時代、氷はもっぱら「涼」を楽しむ贅沢品だった。それが食材を「冷やす」ための必需品へと変わっていくのは、氷が巷に出回るようになった明治時代からである。

 日本の製氷の歴史を語るにあたり、欠かすことのできない人物がいる。その人物とは、幕末から明治を生きた中川嘉兵衛だ。

国産天然氷に執念を懸けた男

 中川嘉兵衛は1817(文化14)年、三河国額田郡伊賀村(現在の愛知県岡崎市伊賀町)に生まれる。16歳のとき京都に出て、儒学者の巌垣松苗に入門し、漢学を学んだ。1859(安政6)年に横浜が開港すると、これからの時代を予見してか、すぐさま京都から江戸へ移住。品川にあったイギリス公使館で見習い料理人となる。そこでの人脈を通じ、嘉兵衛はヘボン式ローマ字の創始者として知られるジェームズ・C・ヘボン医師に出会い、食品衛生における氷の重要性を教わる。それがきっかけとなり、採氷事業へ乗り出す決意をしたのだ。

 当時の日本では、天然氷をボストンから輸入していた。アメリカでは1805年、のちに「氷王」と呼ばれるフレデリック・チューダーが世界で初めて天然氷の採氷、蔵氷、販売事業を興して以来、氷の産出と輸出が盛んだった。この北米の氷が南アフリカの喜望峰を経て、はるばる横浜港まで運ばれていたのである。当然、値段は高くなり、庶民の手には届かない。そこでもっと安価に大量の氷を流通させるべく、嘉兵衛は国産の氷を産出しようと奮闘した。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1974年、神奈川県生まれ。東京都立大学人文学部を卒業後、フリーのライターとして食や工芸・デザインを中心に、読むこと、食べること、暮らすことをテーマとしたインタビューやルポ、書評を執筆。『森正洋の言葉。デザインの言葉。』(ナガオカケンメイ監修、美術出版社)、『最高に美しいうつわ』(SML監修、エクスナレッジ)の取材構成ほか、近著に当連載をまとめた『ニッポン定番メニュー事始め』(彩流社)がある。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。