マッサン効果は今も!氷点下のハイボールが人気に

ニッカウヰスキーのチーフブレンダーが胸を張っておススメする理由

2015.04.23(Thu) JBpress
筆者プロフィール&コラム概要

 キンキンに冷えたタンブラーを持ち、さっそくいただいてみる。一口飲んだ瞬間から、マイルドな口当たりに驚かされる。キメの細かい炭酸が、スッと入ってきて、その後にブラックニッカならではの、ほのかな甘い香りが漂ってくる。この爽快感は、スポーツの後にも合いそうだ。

 取材だったこともあり、そのタンブラーをそのまま20分ほど放置していたのだが、さすがはフリージングハイボール。氷がすぐ溶けることなく、作ったときのままの味わいが楽しめた。つまり、ゆっくりした食事にもピッタリというわけだ。「WITH ICE(氷あり)」に加えて、「NO ICE(氷なし)」もあり。氷で薄まったり炭酸が抜けることなく、ブラックニッカ クリアの味を長く楽しめるのだ。

専用ディスペンサーの開発秘話

 さて、ここからは「ブラックニッカ フリージングハイボール」「アサヒスーパードライ エクストラコールド」には欠かせない専用ディスペンサーの開発ストーリーをお届けしたい。アサヒスーパードライの人気の一端を支えてきたアサヒビール 容器包装研究所 機器開発部の光畑伸輔さんにお話をうかがった。

「ブラックニッカ フリージングハイボール」専用ディスペンサーと専用ステンレスタンブラー

──-エクストラコールドのディスペンサーはベーシックタイプが2009年に出ていますが、今回はぐっとスリムになりましたね。新しいディスペンサーの開発コンセプトを教えてください。

光畑伸輔さん(以下、敬称略) 設置スペースと消費電力を抑えること。加えて、ディスペンサー内部で凍結するトラブルをできるだけ防ぎ、メンテナンス性を高めることです。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

混迷する国際社会の構造を解き明かし、その中における21世紀の日本の針路を照らし出すためにJBpressは誕生しました。これからも、経営者・マネジメント層、ビジネスパーソンに向けて、本質的で深い分析に基づいた記事を提供していきます。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。