マッサン効果は今も!氷点下のハイボールが人気に

ニッカウヰスキーのチーフブレンダーが胸を張っておススメする理由

2015.04.23(Thu) JBpress
筆者プロフィール&コラム概要
ディスペンサーから出てくるのは氷点下の「ブラックニッカ フリージングハイボール」。参加者は自ら注いだフリージングハイボールを楽しんだ(アサヒ ラボ・ガーデンにて)

 「このところ、ハイボールがいいんだよねぇ~」。中高年だけでなく、若い女性からも、そんな声を耳にしたことはないだろうか。

 NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」に加え、様々な食事との組み合わせやすさなどから、ウイスキーの需要はかなりの勢いで伸びている(2015年1~3月累計のアサヒビールの国産ウイスキーは前年比142%。ニッカウヰスキーの主力ブランド「竹鶴」は40%前年比312%と伸長)。

 ウイスキー市場拡大の牽引役となっている1つが、ハイボールだ。ウイスキーを軽く飲みたい、または食事と一緒でも料理の邪魔をしない飲み物として、ハイボールはウイスキーのファン層を大きく広げる入り口となっている。

「ブラックニッカ フリージングハイボール」を体感!

 そんななか、2014年創業80周年を迎えたニッカウヰスキーの製品を販売する「アサヒビール」が、ハイボールの楽しみ方を新たに提案。その味わいを体感すべく、大阪・梅田駅からほど近い「アサヒ ラボ・ガーデン」で開催されたセミナーに参加した。

 用意されていたのは、「ブラックニッカ フリージングハイボール」。樽詰めの「ブラックニッカ クリアハイボール」を専用ディスペンサーによって氷点下まで冷やして提供する新しい飲み方の提案だ。ビール好きの方はすでにご存じの「スーパードライ エクストラコールド」で培った技術を活用している。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

混迷する国際社会の構造を解き明かし、その中における21世紀の日本の針路を照らし出すためにJBpressは誕生しました。これからも、経営者・マネジメント層、ビジネスパーソンに向けて、本質的で深い分析に基づいた記事を提供していきます。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。