眠れぬ夜があった氷点下ビールの開発

市場を急拡大する「アサヒスーパードライ エクストラコールド」の秘密

2013.03.18(Mon) JBpress
筆者プロフィール&コラム概要

 特別な原料を使ったり、製造方法を変えたりしているわけではない。中味は、みなさんがよく飲んでいるアサヒビールの「アサヒスーパードライ」である。

 そのスーパードライに、アサヒビールがちょっとした魔法をかけた。よりおいしく飲めるように、新たな商品価値を開発して、付け加えたのだ。

 何が起きたかというと、そのビールを客に提供するようになった料飲店は、軒並みビールの売り上げが増えた。前年比で樽生ビールの売り上げが105%以上になった店が97%以上に達するという。中には、売上が2倍になったという店もある。

アサヒビールの「アサヒスーパードライ エクストラコールド」

 アサヒビールはスーパードライにどんな付加価値を加えたのか。それは、「氷点下の状態で提供する」ということだ。

 スーパードライは摂氏マイナス3~4度で凍ってしまう。そこで、凍る手前のぎりぎりの温度であるマイナス2度まで冷やして提供する。アサヒビールはそのための専用のビールサーバー機材を開発した。

 メーカーが商品自体を改良して売り上げを伸ばしたという話はよく聞く。だがエクストラコールドは違う。何よりも画期的なのは、中身は変えずに、新しい“提供方法”を開発したという点だ。

 2月22日、大阪梅田のアサヒ ラボ・ガーデンで、エクストラコールドの開発ストーリーを紹介するイベントが行われた。会場で、アサヒビール研究生産本部 容器包装研究所 機器開発部 副課長の佐藤善典氏に、エクストラコールドの開発の経緯と、どんな工夫とこだわりが込められているのかを聞いた。

電気の力でビールを氷点下に

──なぜスーパードライを氷点下で提供することになったのですか。

佐藤善典氏(以下、敬称略) 1990年代前半にイギリスのギネス社が、ビール市場を活性化させるために「ギネス」のエクストラコールドを出したことがあります。通常より2~3度低い温度で飲むギネスです。これが好評になりまして、他のメーカーが追随したんです。オランダのハイネケンもエクストラコールドを展開したことがあります。

──そのブームが日本にやって来たということですか。

佐藤 ただし、日本では少しタイムラグがあります。すぐに追随することはありませんでした。日本では94年から発泡酒が登場し、さらに2003年から新ジャンル(編集部注:いわゆる“第3のビール”と呼ばれているカテゴリー)が発売されるなど、ビール類市場において、各社さまざまな提案を続けてきました。しかしアルコール飲酒人口の減少などにより、ビール類市場は微減傾向が続いています。そこで、お客様にもっとビール類を選択してもらえるような提案が必要になってきました。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

混迷する国際社会の構造を解き明かし、その中における21世紀の日本の針路を照らし出すためにJBpressは誕生しました。これからも、経営者・マネジメント層、ビジネスパーソンに向けて、本質的で深い分析に基づいた記事を提供していきます。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。