2017.4.30

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

政治を読む

報道機関の政治記者、フリージャーナリストらが永田町・霞が関に構築した人脈の海を泳ぎ回り、政局の底流にメスを入れる。政策論、権力抗争など、様々な角度から政治の裏舞台を論じ、日本がとるべき針路と現実のギャップを浮き彫りにする。

野党の逆襲で安保法案は白紙に? ビジョンなき「平成の大同団結」にその先はあるのか 政治経済

野党の逆襲で安保法案は白紙に? ビジョンなき「平成の大同団結」にその先はあるのか

政治経済 野党再編の動きの背景にあるのは、やはり安保法案を巡る騒動を契機に注目された集団的自衛権と憲法9条の関… 2015.10.19
憲法9条はすでに壊れている~なぜ安保法制反対派は「憲法違反」の自衛隊解体を叫ばないのか 政治経済

憲法9条はすでに壊れている~なぜ安保法制反対派は「憲法違反」の自衛隊解体を叫ばないのか

政治経済 自衛隊は、憲法違反の存在ではないからだ。日本は自衛権を持っている。自衛権の裏付けが自衛隊なのである。… 2015.10.13
勝算ありや?共産党の大変化球「国民連合政府」構想 政治経済

勝算ありや?共産党の大変化球「国民連合政府」構想
もっともらしい提案だが実現は困難

政治経済 9月19日、共産党は安保法制(共産党は「戦争法案」と呼んでいる)廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定(2… 2015.9.29
PR PR
護憲派は自衛隊の災害救援活動には反対しないのか 政治経済

護憲派は自衛隊の災害救援活動には反対しないのか
「憲法違反」議論をよそに命がけで被災者救出

政治経済 護憲派はそんなに自衛隊が嫌いなら災害での出動にも反対したらどうか。吉良参議院議員のように「災害での救… 2015.9.15
揃いも揃ってだらしがない自民党の派閥リーダー 政治経済

揃いも揃ってだらしがない自民党の派閥リーダー
「女は度胸」を発揮してもらいたい野田聖子氏

政治経済 かつての自民党では、各派閥の長がそろいもそろって現総裁、総理を支持するなどということはあり得なかった… 2015.9.1
PR 野党の逆襲で安保法案は白紙に? ビジョンなき「平成の大同団結」にその先はあるのか [宇佐美 典也] 2015.10.19 憲法9条はすでに壊れている~なぜ安保法制反対派は「憲法違反」の自衛隊解体を叫ばないのか [筆坂 秀世] 2015.10.13 勝算ありや?共産党の大変化球「国民連合政府」構想
もっともらしい提案だが実現は困難
[筆坂 秀世] 2015.9.29
PR 護憲派は自衛隊の災害救援活動には反対しないのか
「憲法違反」議論をよそに命がけで被災者救出
[筆坂 秀世] 2015.9.15
揃いも揃ってだらしがない自民党の派閥リーダー
「女は度胸」を発揮してもらいたい野田聖子氏
[筆坂 秀世] 2015.9.1
徹底的に学びたいドイツの「したたかさ」
安倍首相の70年談話をさらに推し進めるには
[部谷 直亮] 2015.8.26
PR 戦後を終わらせる苦心の作、70年談話
終戦記念の談話はもうこれで最後に
[筆坂 秀世] 2015.8.18
若者が割を食う摩訶不思議な「被選挙権」ルール
日本の若年層はこうして政治から締め出されている
[鷲尾 香一] 2015.8.13
憲法学者という不思議な存在
こんなに影響力があるとは知らなかった
[筆坂 秀世] 2015.8.4
PR 新国立競技場問題、下村氏と森氏は退場を
世界に赤っ恥、あきれ果てる迷走の行方は?
[筆坂 秀世] 2015.7.21
シルバーデモクラシーで日本はギリシャの二の舞に
若者が危機意識を持たないと財政破綻は免れない
[宇佐美 典也] 2015.7.9
河野談話も村山談話も日韓関係を改善しなかった
2人の「上から目線」に強い違和感
[筆坂 秀世] 2015.7.7
日米安保と自衛隊の撲滅は叫ばない安保法案反対派
「違憲か合憲か」に集中する矛盾だらけの国会論戦
[筆坂 秀世] 2015.6.23
結局、日本の安全保障をどうするのか?
一番重要な論点が抜け落ちている安保法制論議
[筆坂 秀世] 2015.6.9
不毛で最悪だったポツダム宣言をめぐるやり取り
ポツダム宣言は、しょせんは勝者による敗者への宣言
[筆坂 秀世] 2015.5.26
こんな議論で大丈夫か?憲法改正論議の浅すぎる中身
自分たちで憲法をつくる機会を無駄にしてはいけない
[筆坂 秀世] 2015.5.12
戦後70年談話の核心にすべきはお詫びではない
謝罪を繰り返すよりも未来に向けたメッセージを
[筆坂 秀世] 2015.4.28
統一地方選、こんなのが選挙と言えるのか?
今こそ公職選挙法の抜本的な見直しを
[筆坂 秀世] 2015.4.14
靖国は日本のアーリントンではないのか
戦場で亡くなった人々を慰霊するのは当然
[筆坂 秀世] 2015.3.23
献金問題の追撃が空回り、政治とカネの馬鹿騒ぎにはもううんざり
拙速な法改正をしてはならない
[筆坂 秀世] 2015.3.6
前へ 次へ