2017.9.26

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

政治を読む

報道機関の政治記者、フリージャーナリストらが永田町・霞が関に構築した人脈の海を泳ぎ回り、政局の底流にメスを入れる。政策論、権力抗争など、様々な角度から政治の裏舞台を論じ、日本がとるべき針路と現実のギャップを浮き彫りにする。

一体何をしたいのか? ひ弱すぎる新党結成の動き 政治経済

一体何をしたいのか? ひ弱すぎる新党結成の動き
大義も構想もなく、ただ小池氏の力を頼っているだけ

政治経済 「新たな政権政党をつくる」というのは、自民党に代わる政権政党をつくるということだ。そのためには、圧倒… 2017.9.12
共闘はどうなる?民進党代表選に気を揉む共産党 政治経済

共闘はどうなる?民進党代表選に気を揉む共産党
野党共闘で一番得をしたのは共産党だった

政治経済 間もなく民進党の新しい代表が選出される。報道によれば前原誠司氏がリードしているようだ。この代表選挙で… 2017.8.29
誰が代表になっても前途は暗い民進党 政治経済

誰が代表になっても前途は暗い民進党
安倍一強体制の崩壊と野党の惨状

政治経済 前原氏は「中福祉・中負担」を掲げているが、枝野氏は「支え合いの仕組みづくり」を掲げている。言い方は違… 2017.8.15
PR
PR
蓮舫氏、稲田氏、2人の女性政治家の深刻な前途 政治経済

蓮舫氏、稲田氏、2人の女性政治家の深刻な前途
2人の「退出」が示すものとは

政治経済 7月27日の民進党の臨時役員会で蓮舫代表が辞任を表明した。翌28日には、稲田朋美防衛相が辞任した。今回の2… 2017.8.1
「骨格」を変えない内閣改造に意味はあるのか? 政治経済

「骨格」を変えない内閣改造に意味はあるのか?
ついに支持率が30%割れとなった安倍政権

政治経済 国政段階では、自民党に代わる受け皿政党は存在しない。だからこそ、ほんの少し前まで「我々には50%以上の… 2017.7.18
PR
PR
PR
一体何をしたいのか? ひ弱すぎる新党結成の動き
大義も構想もなく、ただ小池氏の力を頼っているだけ
[筆坂 秀世] 2017.9.12
共闘はどうなる?民進党代表選に気を揉む共産党
野党共闘で一番得をしたのは共産党だった
[筆坂 秀世] 2017.8.29
誰が代表になっても前途は暗い民進党
安倍一強体制の崩壊と野党の惨状
[筆坂 秀世] 2017.8.15
PR
蓮舫氏、稲田氏、2人の女性政治家の深刻な前途
2人の「退出」が示すものとは
[筆坂 秀世] 2017.8.1
「骨格」を変えない内閣改造に意味はあるのか?
ついに支持率が30%割れとなった安倍政権
[筆坂 秀世] 2017.7.18
驕りが招いた自民党の都議選“衝撃的惨敗”
小池百合子という政治家には本当に驚かされる
[筆坂 秀世] 2017.7.4
PR
なぜ教育委員会の対応はいつも不誠実なのか
「いじめはある」を大前提にすべき
[筆坂 秀世] 2017.6.6
安倍首相の改憲提案、国民と野党はどう受け止めた?
「憲法違反」のままでいいはずがない自衛隊
[筆坂 秀世] 2017.5.23
2020年、自衛隊は誰から見ても「合憲」になれるのか
悲願の憲法改正にいよいよ本気で取り組む安倍首相
[筆坂 秀世] 2017.5.9
PR
各党はどう戦うのか?構図が変わった東京都議選
最大の注目は「都民ファーストの会」の議席数
[筆坂 秀世] 2017.4.25
出来の悪い大臣が多すぎないか
稲田、今村、金田・・・この人たちで大丈夫?
[筆坂 秀世] 2017.4.11
関係者を出せ!財務省の交渉記録廃棄は大問題だ
焦りが出た自民党、森友学園問題で火に油を注ぐ
[筆坂 秀世] 2017.3.28
森友学園問題に政治家は本当に関与していないのか?
籠池前理事長らの参考人質疑を実施せよ
[筆坂 秀世] 2017.3.14
もう相手にするな 慰安婦問題は永遠に解決しない
慰安婦像でも少女像でもなく、正体は「反日像」
[筆坂 秀世] 2017.2.28
トランプ大統領が安倍首相を手厚くもてなした理由
蜜月関係の構築を最優先した安倍首相
[筆坂 秀世] 2017.2.14
トランプに対抗できるのは安倍首相だけ?
高まる安倍政治への支持と低迷する野党
[筆坂 秀世] 2017.1.31
前代未聞の党大会 共産党の置かれている状況とは?
「野党連合政権」を掲げるが前途は厳しい
[筆坂 秀世] 2017.1.17
「過労死」「ブラック企業」という言葉の根絶を願う
待ったなしの働き方改革、成果をあげる年に
[筆坂 秀世] 2017.1.3
「大きな黒い頭の鼠」が巣食っていた東京都
「大山鳴動して鼠一匹」は間違っている
[筆坂 秀世] 2016.12.6
日本共産党が“何を今さら”の中国批判
今、共産党に必要なのは存在意義そのものの見直し
[筆坂 秀世] 2016.11.22
次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR