2017.8.23

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

政治を読む

報道機関の政治記者、フリージャーナリストらが永田町・霞が関に構築した人脈の海を泳ぎ回り、政局の底流にメスを入れる。政策論、権力抗争など、様々な角度から政治の裏舞台を論じ、日本がとるべき針路と現実のギャップを浮き彫りにする。

平身低頭で党員に「赤旗」購読を呼びかける共産党 政治経済

平身低頭で党員に「赤旗」購読を呼びかける共産党
赤旗を読まない共産党員などあり得なかったが・・・

政治経済 東京の豊洲市場問題で共産党の都議団が大いに活躍している。だが、深刻な事態が共産党を襲っている。最大の… 2016.10.11
民進党と共産党の共闘に突きつけられているもの 政治経済

民進党と共産党の共闘に突きつけられているもの
まともな「綱領」が必要な民進党

政治経済 蓮舫代表は、「綱領などが違う党とは一緒にやらないのが基本的スタンスだ」と表明している。だが民進党の綱… 2016.9.27
都政の闇をえぐり出し始めた小池知事 政治経済

都政の闇をえぐり出し始めた小池知事
専門家会議の報告はなぜ無視されたのか?情報の徹底公開を

政治経済 東京都庁というのは、どうなっているのか。なぜ豊洲新市場が生鮮食料品を扱っても大丈夫なのか、その大前提… 2016.9.13
PR
PR
共産党の総括ではなぜか鳥越俊太郎が「大健闘」 政治経済

共産党の総括ではなぜか鳥越俊太郎が「大健闘」
都知事選、小池勝利の要因を今こそ謙虚に学ぶべき

政治経済 東京都知事選挙が終わった5日後の8月5日、日本共産党は党創立94周年記念講演会を都内で開催した。呆れてし… 2016.8.30
小池百合子氏を圧勝させた改革の覚悟と都民の怒り 政治経済

小池百合子氏を圧勝させた改革の覚悟と都民の怒り
醜悪だった自民党東京都連の嫌がらせ

政治経済 注目の東京都知事選挙は、小池百合子氏の圧勝に終わった。自民党、公明党、民進党、共産党などの政党や業界… 2016.8.2
PR
PR
PR
平身低頭で党員に「赤旗」購読を呼びかける共産党
赤旗を読まない共産党員などあり得なかったが・・・
[筆坂 秀世] 2016.10.11
民進党と共産党の共闘に突きつけられているもの
まともな「綱領」が必要な民進党
[筆坂 秀世] 2016.9.27
都政の闇をえぐり出し始めた小池知事
専門家会議の報告はなぜ無視されたのか?情報の徹底公開を
[筆坂 秀世] 2016.9.13
PR
共産党の総括ではなぜか鳥越俊太郎が「大健闘」
都知事選、小池勝利の要因を今こそ謙虚に学ぶべき
[筆坂 秀世] 2016.8.30
小池百合子氏を圧勝させた改革の覚悟と都民の怒り
醜悪だった自民党東京都連の嫌がらせ
[筆坂 秀世] 2016.8.2
土俵はできた~今こそ真正面から客観的な憲法論議を
中国、韓国、護憲派の懸念はお門違い
[筆坂 秀世] 2016.7.19
PR
改憲勢力3分の2超に、それでも大健闘だった民進党
見通しを誤った共産党、野党共闘の行方は?
[筆坂 秀世] 2016.7.11
防衛費は「人殺し予算」、出るべくして出た藤野発言
本当は自衛隊を解体させたい共産党
[筆坂 秀世] 2016.7.5
若者は変化を望むのか、現状を変えたくないのか
18歳選挙権、野党統一候補、見どころ満載の参院選が始まる
[筆坂 秀世] 2016.6.21
PR
“ずるい”選挙で三度目の勝利を狙う安倍自民党
「増税しません」で国民の信を問うというおかしな理屈
[筆坂 秀世] 2016.6.7
このまま居座るのか?「小人」すぎる舛添知事
「公」と「私」の峻別こそ政治家の要諦
[筆坂 秀世] 2016.5.24
罵倒してフルボッコに、不寛容な社会の嫌な感じ
政治家も公園も街路樹も、日本は野暮になっていないか
[筆坂 秀世] 2016.5.10
与野党とも課題を残した2つの補欠選挙
共産党の「暴力革命」論も論争に
[筆坂 秀世] 2016.4.26
自民党に逆風、雲行きが怪しくなってきた衆参同日選
野党は今こそ大胆な経済対策を提示せよ
[筆坂 秀世] 2016.4.12
にわか作りの民進党が自民党に対抗する方法
盤石の安倍政権だが弱点がないわけではない
[筆坂 秀世] 2016.3.29
説得力ある憲法改正に関する2つの投書
参院選では憲法改正も争点に、野党は正面から論議せよ
[筆坂 秀世] 2016.3.15
米メディアが本気で危惧し始めたトランプ氏の躍進
日本の政党が米大統領選から学ぶべきこと
[筆坂 秀世] 2016.3.1
首長選挙で惨敗続く共産党、原因はどこにあるのか
「安保法制」廃止の宣伝のために利用された京都市長選
[筆坂 秀世] 2016.2.16
このままでは惨敗必至、民主党はどこへ向かうのか
野田氏を党の執行部に入れるべき
[筆坂 秀世] 2016.2.2
共産党は開会式に「出たかった」と素直に認めたら?
ここぞとばかりの方針転換で世間にアピール
[筆坂 秀世] 2016.1.19
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR