2017.4.30

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

政治を読む

報道機関の政治記者、フリージャーナリストらが永田町・霞が関に構築した人脈の海を泳ぎ回り、政局の底流にメスを入れる。政策論、権力抗争など、様々な角度から政治の裏舞台を論じ、日本がとるべき針路と現実のギャップを浮き彫りにする。

安倍首相が甦らせる祖父、岸信介の憲法解釈 政治経済

安倍首相が甦らせる祖父、岸信介の憲法解釈
集団的自衛権の行使容認は当然の流れ

政治経済 南シナ海でのベトナムやフィリピンとの対決、尖閣諸島をめぐっての度重なる領海侵犯など、中国の軍備の大拡… 2014.5.19
日本を「丸腰」にさせたがっている護憲派 政治経済

日本を「丸腰」にさせたがっている護憲派
抑止力なくして中国の膨張主義に立ち向かえるのか

政治経済 反基地論者、反安保論者の多くは、護憲派だ。海兵隊をはじめとする米軍基地はいらないと言う。自衛隊は憲法… 2014.5.7
知恵者、高村氏の「限定容認論」、集団的自衛権論議は迷路から抜け出せるのか? 政治経済

知恵者、高村氏の「限定容認論」、集団的自衛権論議は迷路から抜け出せるのか?

政治経済 論はなかなかの説得力を持っている。ただそうだとすれば1981年の政府見解以来の「集団的自衛権は保持してい… 2014.4.21
PR PR
命取りになるのはキスか札束か 政治経済

命取りになるのはキスか札束か
誰も納得できない渡辺喜美氏の説明

政治経済 みんなの党の内部からも、衆議院政治倫理審査会に出席することも検討するという声が上がっているという。そ… 2014.4.7
「安倍政権の番犬」発言でバトル勃発、共産党に法制局長官批判の資格はあるのか 政治経済

「安倍政権の番犬」発言でバトル勃発、共産党に法制局長官批判の資格はあるのか

政治経済 自民党などが政権に就いているときは、何があっても自衛隊の活用に反対する。共産党が政権に就けば活用に賛… 2014.3.24
PR 安倍首相が甦らせる祖父、岸信介の憲法解釈
集団的自衛権の行使容認は当然の流れ
[筆坂 秀世] 2014.5.19
日本を「丸腰」にさせたがっている護憲派
抑止力なくして中国の膨張主義に立ち向かえるのか
[筆坂 秀世] 2014.5.7
知恵者、高村氏の「限定容認論」、集団的自衛権論議は迷路から抜け出せるのか? [筆坂 秀世] 2014.4.21 PR 命取りになるのはキスか札束か
誰も納得できない渡辺喜美氏の説明
[筆坂 秀世] 2014.4.7
「安倍政権の番犬」発言でバトル勃発、共産党に法制局長官批判の資格はあるのか [筆坂 秀世] 2014.3.24 議論の出発点を間違えている「集団的自衛権」問題
日本はすでに集団的自衛権を行使している
[筆坂 秀世] 2014.2.24
PR 人間を不完全なものと捉える保守の強さ
現実を見据えた歴代総理の実績
[筆坂 秀世] 2014.2.10
お気楽すぎる共産党「党大会」
根拠も勝算もない楽観主義にため息
[筆坂 秀世] 2014.1.27
もう少し都政を真面目に論じたらどうか
いよいよ始まる東京都知事選挙
[筆坂 秀世] 2014.1.14
PR 「靖国参拝」抗議は堂々と受けて立てばよい
猪瀬氏辞職と靖国問題をこう考える
[筆坂 秀世] 2013.12.30
特定秘密保護法よりも警戒すべき「巨大自民党」
政界再編に期待、対抗できる野党結成を
[筆坂 秀世] 2013.12.16
語れば語るほど落ちていく猪瀬都知事のみっともない弁明 [筆坂 秀世] 2013.12.2 「護憲」を売り物にする政党が山本太郎議員を擁護した不思議 [筆坂 秀世] 2013.11.18 憲法9条を本当に守ってきたのは誰か
どこまでもご都合主義な護憲派の言い分
[筆坂 秀世] 2013.11.5
アジア、中東、ロシアを駆け回る安倍首相
急がれる外交の立て直し、中韓に擦り寄る必要はない
[筆坂 秀世] 2013.10.21
SNSの普及にうろたえる共産党の特殊事情
抑え込めなくなる党員の反乱
[筆坂 秀世] 2013.10.7
アメリカはこのまま「裸の王様」になってしまうのか
シリア問題で迷走したオバマと存在感示したプーチン
[筆坂 秀世] 2013.9.24
海上自衛隊は間違いなく「戦闘地域」にいた
これでいいのか? 集団的自衛権論議(その2)
[筆坂 秀世] 2013.9.9
岸信介の憲法解釈を変えた田中角栄内閣
これでいいのか?集団的自衛権論議(その1)
[筆坂 秀世] 2013.8.26
ナチス発言に批判殺到も反省なし、「民王」にはなれない麻生太郎氏 [筆坂 秀世] 2013.8.12
前へ 次へ